スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラックを交換しました

new.jpgこのラックはだいぶ前に注文しておいたのですが在庫切れで納期が遅れお盆休みに配送されてきました。仕事が休みとあって昼間からビールを飲んでいたので組み立て作業はやりたくなかったのですが、なんとか組み立てました。交換した理由は音質への配慮からです。スピカーの間にものがあると音質に悪影響を及ぼすことを様々なかたちで経験しています。いままで使っていたラックは側板も裏板もなくて比較的ましなものだと思いますが、やはり影響は避けられないだろうと思い、特にスコーカ、ツィターの位置な高さまであるのはマズイと思い交換に踏み切りました。本当はセンターラック方式でなくて部屋の側面に置けば二つのスピーカーの間には何もなくて一番いいのですが、これだと必然的にスピーカーコードが長くなります。片側で3mくらいならこの方式にするのですが、この部屋では6m近くが必要となり精神衛生上あまりよくありません。それに希望のものにするとコードの価格だけで10万近くの出費になってしまうのも避けた理由でした。この高さ(低さ)なら中高域への影響は少なくて済むだろうし、また先々にディスプレイも置けるので好都合なのです。まあ、ディスプレイを置けばそのの影響も相当なものですが、こちらは音質対策したカバーを掛けるなどすれば大丈夫かなと高をくくっています。そのときはその時、臨機応変というやつです。この家が完成してから約半年になりますが、いまだにテレビがありません、別に不都合も感じないし映像付きの音楽にもあまり興味がないにで、このままかもしれませんし・・・

ラックを交換して感じたのは音像が明確になったことです。ヴォーカルなどを聴くとそれがハッキリわかります。口の位置、大きさなども分かります。もちろんこれはソース次第ですが、二つのスピーカーの間がフリーになった効果は確実にありました。ただ欲をいうと音像の滲みがあるので、今度はこの対策をしなくてはと思っています。原因の見当はついているのですが重労働になるので助っ人が必要、ちょっと先のことになりそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pigumoncocco

Author:pigumoncocco
月に数回ですが更新しようと再開しました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。