スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイドン 交響曲第104番ニ長調「ロンドン」

最近のCDの安さには驚きます。なんでこんなに安くできるのか?
ありがたいことですが、以前に買ったCDの価格を考えると嬉しくもあり、恨めしくもあります
さてそんなSONYの激安ボックスの中から購入したものの一つがセルのハイドンです。R0014613.jpg

セルのハイドンは以前にも取り上げたのですが、今回も凄く良かったので再登場です。

交響曲第104番「ロンドン」は数多いハイドンの交響曲の中でも最高傑作といわれる名作です
この曲をセルがどう料理しているか聴いてみました
最初にいってしまうとこれは素晴らしいハイドンです
どう素晴らしいかというのは聴いてもうらうほかないのですが、一応貧弱な文章にするとこうなります
とにかく一点の曇りもない響きと曖昧さなどを微塵も感じさせないフレージングが気持ちよい、一種の快感を感じます。
それがこの曲の古典美を際立たせているようであり、そこから自然と歌が沸き上がってくるようなところ、セルの真骨頂ではないでしょうか。
意識して歌わせているのではなくて、自然と歌になっているというところがセルなのです。
全4楽章すべていいのですが後半の二つの楽章、特に第3楽章のメヌエットがそういうことを感じさせてくれる最高の出来かと思いました。
このボックスは4枚組で1500円くらいで今では激安ではないかもしれませんが買って決して損はしない、いや是非聴いて欲しいボックスと思いました

1954年録音のモノラルです。セルのCBS録音とういといいものが少ないです。たいていは硬くて響きが薄くてレンジも狭い、まあそういうのが殆どです。これはおまけにモノラルということで全く期待していなかったのですが思っていたよりはイイ音でした。
推測ですがリマスターにおいてプレゼンスを付加したか、または全く反対にオリジナルテープに忠実にしたか?どちらにしてもいままで聴いていたセルのものよりは中低域が豊かでホールエコーもあって聴きやすい音です。第3楽章のメヌエットでティンパニーがクレッシェンドしてくるところなどの奥行き感などはモノラルであることを忘れさせるほどの音でした。

ジョージ・セル指揮
クリーブランド管弦楽団
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

セルのハイドン演奏だったら、聴きたいですね。この人の演奏は、きりりとしまった中に音楽の表情付けが絶妙にあんばいされていて、本当に凄い指揮者だなと思います。ハイドンは持っていないので、手に入れたいですね。

本当にCDが安いですね。私も最近、ハイドンが聴きたくて、激安のものを何枚か求めました。中では、フィッシャーの全集37枚が5000円と少し。びっくりします。おかげで、気軽に全て聴ける条件はできましたが。

No title

バルビさん、おはようございます

個人的感想ですがセルのハイドンはモーツァルトよりも、ベートーヴェンよりもピッタリくるものがありました。
お薦めしたいセットですね。

全集はどうも手を出しにくいです
好きなモノだけをを集めていくのが好きなのです(^^ゞ

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

pigumoncocco

Author:pigumoncocco
月に数回ですが更新しようと再開しました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。