スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番変ロ短調作品23

チャイコフスキーのピアノ協奏曲、久しく聴いていなかったです
クラッシックを聴き始めたころはクライヴァーンのLPを夢中になって聴いてましたが
なんだかもうこの曲を夢中になって聴く歳は過ぎ去ったような
ところが最近オークションでゲットしたLPの中にこんなのが混ざっていました

R0013429.jpg

リヒテルのピアノ、バックがムラヴィンスキーのものです
この演奏の存在は知っていましたが聴いたことはなかったものです
古い録音、おまけに疑似ステレオというハンデにもかかわらずに聴きました

この曲はご承知のように第1楽章が異常に長いというか大きくて頭でっかちの構成
その第1楽章を悠然と大河の如く演奏するのも悪くないですが。。。
この演奏は主導権をムラヴィンスキーがとっているのでしょうか?
フレージングのせいか小気味よいテンポ聞こえます。


ムラヴィンスキーはいつも通り快刀乱麻の如し
リヒテルのピアノが負けじと豪快についていくところが爽快
2楽章もテンポは速め、音楽が盛り上がるにつれ、ピアノも白熱
ただ白熱するでけではなく、ふと詩を感じさせるところが何ともいえないところ
この楽章はややもすると退屈なのですが、そんなことを感じさせない豊かな膨らみのようなものを感じました。
3楽章もリヒテルは奔放に弾いているが、ここでも豪快一本槍ではなくて歌を感じさせてくれる。そして最後はムラヴィンスキーとともゴール目指してまっしぐらといった感じで最高のフィナーレ
熱い熱気というよりも冷たい緊張感と詩情が漂うようなチャイコフスキーでした。
もっと爆演系のものかと思っていたのですが予想に反してゆとりと詩情を感じさせるひと味違ったもので掘り出し物でした
これでもう少し音が良かったらな、そこがチト残念でした

スヴィヤトスラフ・リヒテル(ピアノ)
エフゲニー・ムラヴィンスキー指揮
レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アナログはいいですね。私は最近、とんとアナログは遠ざかってしまいました。もっぱら、800円の耳掛けしきのイヤホーン、3900円のフィッシャーのポータブルCDで聴いています。これがまた、以外に音が佳いんです。

LPの方が所有が多いので、今はレコード棚で円盤たちが泣いていますよ。何とかしてあげないと。

オークションでのゲット物は佳さげですね。イメージ的に、リヒテルにしてもムラビンスキーにしても、豪腕タイプでぐいぐい演奏するような気がしますけれど、そうでもなさそうですね。

チャイコフスキーのコンチェルトは、私も遠ざかっていますが、久しぶりにアルゲリッチ+コンドラシンで聴いてみました。

ついでに、ナクソスから出ている2番を聴いてみました。こちらの方が面白いです。第2楽章は美しい曲です。

No title

バルビさん、おはようございます

イヤーフォンは侮れないですよね
私も愛用しております

実はこの曲は暫く聴いていませんでしたし、手持ちの音盤も少ないので語る資格はないのですが、つい書いてしまいました。
記事にも書きましたが、ステレオ録音だったならと思いました。
プロフィール

pigumoncocco

Author:pigumoncocco
月に数回ですが更新しようと再開しました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。