スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラームス 交響曲第3番ヘ長調作品90

最近はLPを聴くことが多くなりました。もちろんメインはCDなのですが、お借りしたものやオークションで入手したもの、暫く聴いていないポップスものを中心に聴いています。
基本的にはLPは面倒なので好まないのですが、聴いているうちに一つのことに気がつきました。それは演奏時間です。CDの場合はセットすると1時間以上なのですが、LPの場合は片面で約20分。両面聴いても40分、途中で面返しでワンクッション入る、これがまた今の自分にはいいのです。
もちろんCDは選曲が簡単だし途中でストップも自由なのですが、LPを片面でもとおして聴いた方がなんとなく聴いたという感じがするのです。こんなことを思うのはナマクラ愛好家の私くらいかもしれませんが、とにかくそういうこともあってLPを取り出すことが多くなったことは事実です
今回はブラームスの3番を。演奏はカラヤン指揮、ウィーンフィルとのもので1961年頃の録音のようです。
R0014575.jpg

後年のベルリン・フィルと一心同体となって彫琢の限りを尽くしたマッシブで輝かしいブラームスとは違います、当たり前ですが。
うまくいえないのですが、、、カラヤンとウィーンフィルの間にスペースのようなものがあって、そこにはお互いに踏みこまないようなモノを感じました。良くも悪くもオケとカラヤンとが一体になったというものとは違うかなという感じです
じゃあ、つまらいブラームスかというとそうではなくてこれがなかなかいいのです。

熱気あふれたというのとは違ったユッタリとしたものがあって、息もつかせぬではなくて一息いれられるユトリのよおうなものを感じるのです?快速で一糸乱れずではなくてウィーンフィルの美音によるブラームスの音楽に部屋が覆われていくような感じで推進力よりも広がりのようなものを感じさせてくれます。こういう目元が優しいような3番もいいものだと思わせるものなのです。
特に2,3楽章などはウィーンフィルの美質がこの曲の歌謡性とマッチした美しいものでした

録音はもう50年くらい前のものですが、録音機材が真空管であろうということを想像させるような音です
レンジは広いとはいえませんが全体的に厚手で柔らかな音質で聴き疲れのしない耳に優しい音です。
各楽器の分離もよくて奥行きや広がりも十分でスピーカーの間が音で満たされす
ただ弦楽器の繊細感や分離がイマイチなこと。やや一色に塗りつぶされる嫌いがあります
そこがちょっと残念なところでした


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。お元気でしたか。地震の影響は、いかがでしたか。

ふとこのブログを拝見したら、更新なさっていたんで、コメントをしてみました。当方は、今年も群響の定期と、CD・LPを聴いて、音楽三昧の生活をしようとたくらんでいます。

4月の群響公演は、復興支援としての位置づけで行われ、バッハのアリアとともに黙祷が行われました。仙台フィルの奏者が数名参加していまして、なかなか演奏会ができなくて、困難な状況だそうです。そういう中でも、なんとか楽団として頑張っていこうという、色々な試みをしているようです。

地方オーケストラ、特に被害を受けた仙台フィルには、頑張ってほしいものです。

No title

バルビさん、ご無沙汰です

いや~コメントを頂き感激です
暫くさぼっていたので、もう誰も来ないだろうと思っていましたので感謝、感謝です

最近は再びLPを聴いています。
どうもCDでは聴き方が雑になっていたようで、その反動かもしれません。

地震の物的被害は少なかったのですが、頻発する余震で精神的に少しまいりました。しかし被災地のことを考えると、そんなことも云っていられませんね。

週に一回程度の更新になると思いますが、たまには覗いていただければ嬉しいです。
宜しくお願いします。
プロフィール

pigumoncocco

Author:pigumoncocco
月に数回ですが更新しようと再開しました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。