スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーカッションの饗宴

前回のバレンボイムの幻想交響曲はちょっと消化不良のような感じでした。でも続いて同じ曲を聴く気力はありませんので、同曲の4楽章「断頭台への行進」だけをとびきりの録音で聴いてみました。聴いたといってもパーカッションによる編曲版です。演奏しているのはザ・オールスター・パーカッション・アンサンブルというグループです。これは常設の団体ではなくてアメリカ東部のオーケストラ、ニューヨークフィル、ボストン交響楽団、フィラデルフィア管、クリーブランド管等の打楽器奏者10人をレコーディングの為に集めたようです。指揮と編曲はハロルド・ファーバーバンという人で全く知らない人です。これはCD黎明期のものですが今聴いてもその録音は見事なものです。

pa_20100725104528.jpg

音像は明快、音場は透明でリアル。楽器の位置と大きさがわかるような録音。特に奥行きの深さが印象的です。
シンバルの動きが見えるような高音の繊細感、ティンパニのパワー感など申し分なく目を瞑って聞いていると眼前に楽器が想像できるくらいのリアルさです。これは素晴らしい録音です。贅沢をいえば録音会場の暗騒音や奏者の息遣いのようなものが感じられないところでしょうか?猛暑の中ボリュームをおおきめにして聴きました(^^) 他の3曲も同じく優秀録音で特にカルメン幻想曲が秀逸、オーディオチェック用にも使っています。

ハロルド・ファーバーマン 指揮と編曲
ザ・オールスター・パーカッション・アンサブル

1 ビゼー カルメン幻想曲
2 ベートーヴェン 交響曲第9番より「スケルツォ」
3 パッヘルベル カノン
4 ベルリオーズ 幻想交響曲より第4楽章



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pigumoncocco

Author:pigumoncocco
月に数回ですが更新しようと再開しました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。