スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーツァルト クラリネット協奏曲イ長調K622

モーツァルトは管楽器の為に沢山の協奏曲を残してくれて、どれもがその楽器を生かした名曲ばかりですが、それらの中から一曲といっったらクラリネット協奏曲を選ぶというのは当然のことでしょうか。この曲の持つ澄んだ響きの中に現れる天国的な平穏さ、屈託のない明るさ、寂しさ、いいようもない美しさ。この曲にすべてが内包されているモーツァルトの作品のなかでも屈指の名曲、なんてことを改めて私なんぞが書く必用もないのですが。。。

今回選んだのはアルフレッド・プリンツのクラリネット、バックはミュンヒンガー指揮のウィーン・フィルハーモニーです。このCDはカップリングされている「フルートとハープの為の協奏曲」はU氏ご推薦なので有名ですが、こちらのクラリネット協奏曲はどちらかというと注目度が低いようなのですが。

cldecca.jpg

これはもうウィーン・フィルと一体となった演奏ですね。まあ、プリンツがウィーン・フィルのメンバーなので当たり前なのですが実に美しい演奏です。
ウィーン・フィルのコクのあるまろやかで明るめの響きとミュンヒンガーのややかっちりとした音楽が心地よく、それをバックにプリンツが柔らかくしっとりと歌っています。ウラッハのような陰影に富んだものとは違って若気のような生き生きとしたものが感じられるのもこの演奏の良さかもしれません。深みのようなものには不足するかもしれませんが後述するように録音もいいしもっと聴かれてもいいのではないかと思いました。なおプリンツは後でベーム指揮するウィーン・フィルと再録しています。これですね。

622b.jpg

デッカ盤が録音を含めて明るい若々しい演奏なら、ベーム盤はもっと大人のゆったりとした風格のようなものを感じさせる目配りのきいた演奏のようです。これはベームの指揮するオケの深みのある響きもおおいに関係ありそうだし、そして録音もデッカとは違うDGGの暗めの音とも関係あるかもしれませんね。

1962年。ソフェンザールでの録音。オケの人数は少なめなのか、ややこじまりとした響き。しかし分離と溶け合いがうまい具合で一般に想像するウィーン・フィルという音が聞けます。クラリネットは中央やや奥で、演奏会でいえば指揮者の前で吹いているイメージで自然な定位。奥行き感も自然でいい録音です 92点

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

これはもう、私の大好物の曲です。今はもっぱら、マルセリウス+セル、クリーヴランドOのCDを聴いています。

プリンツとベーム+ウィーンPOも愛聴盤です。この演奏は本当に柔らかく、聴き心地佳く何度も何度も聴きました。ミュンヒンガ-盤も興味深いですね。

そして名手ライスターが、「おらが群響」と組んで作ってくれたLPも大切にしています。当時のオーケストラの演奏水準自体は、今現在や海外オーケストラに劣るんでしょうけれど、でもこれも素晴らしいですよ。CDも買いました。

ライスター本人は、自分の協奏曲録音の中で、自身の演奏自体で言うと群響との演奏(自分の演奏)が一番佳いできと、言ったと聞きました。

ライスターは、毎年夏の草津音楽フェスティバルに、毎年来てくれます。今年も室内楽を聴いてきま~す。8月に。

No title

バルビさん、おはようございます

ライスターのものはカラヤン盤で聴いています。
群響との演奏は噂には聞いていますが実際には聴いたことがありません
ご本人がそうおっしゃっているなら素晴らしい演奏なのでしょうね。

草津には温泉もありますし楽しみ満載ですね
いってらっしゃいませ(^^
プロフィール

pigumoncocco

Author:pigumoncocco
月に数回ですが更新しようと再開しました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。