スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パガニーニ ヴァイオリン協奏曲第4番ニ短調

パガニーニのヴァイオリン協奏曲というとまずは1番でしょうか?その1番は以前にフランチェスカッティの演奏で取り上げました。パガニーニには「ヴァイオリンとギターの為のソナタ」という佳曲もあってそちらをと思ったのですがまたヴァイオリン協奏曲にしました。4番です。
以前に1番の協奏曲をフランチェスカッティ盤で取り上げた時にも書いたのですがパガニーニのヴァイオリン協奏曲はどれを聴いても大同小異、全部聴くことはないと思っています。そんなことを言っておきながら協奏曲を取り上げているのは矛盾するのですが気分の問題なのでお許しの程を。
個人的に聴くのは1番と4番、あとは2番の例のラカンパネラの終楽章だけを聴くくらいです。この4番の終楽章はその2番の終楽章とよく似ていてちょっと書き直した程度のものと思えてしまうのですが、どうなんでしょうか??
pa.jpg


今日聴いたアッカルドのものは胸がすくような演奏、快演というべきものでしょうか。艶やかで明るい、一点の曇りもないヴァイオリン!多分超絶技巧というべき箇所がふんだんにあると思われるのですが、そんなことをまったく思わせないようにスイスイと伸びやかに弾いているヴァイオリンはまさに爽快。薬師丸ひろ子のセーラー服と機関銃(古いですね!)ではありませんがアッカルドはヴァイオリンから機関銃のように美音を発射しているかのように聞こえます。ダダダダダッ、快感!!
バックのデュトアのオケもスケール豊かな明るい音でサポートしていてこの陽性の曲にはピッタリ。ジメジメとした梅雨空を吹き飛ばすには格好のものでした。

録音は1975年。スケール感があって明るく豊かなオケをバックにヴァイオリンが中央に定位。ただしヴァイオリンが前に張り出してくるタイプではないですが好みのものです。ただ、オケに関しては着色されれたような明るい響きなのと分解能がイマイチなのが減点 92点

サルヴァドーレ・アッカルド(vn)
ロンドン・フィルハーモニック管弦楽団
シャルル・デュトワ(指揮)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

パガニーニは、以前私もヴァイオリン協奏曲のLPを持っていましたが、今はなく、ヴァイオリンとギターのソナタ集だけです。

テレベジというヴァイオリストとプルンバウワーというギタリストによるこのソナタ集は、お気に入りで折りに触れて聴いています。

緩やかな楽章が気持ちのよい音楽で、佳いです。

No title

バルビさん、おはようございます

ヴァイオリンとギターのソナタはいいですね
私はシャハムのヴァイオリンで聴いています
佳曲という言葉がピッタリですね

コメント、ありがとうございました
プロフィール

pigumoncocco

Author:pigumoncocco
月に数回ですが更新しようと再開しました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。