スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R・シュトラウス 交響詩「ティルオイレンシュピーゲルの愉快な悪戯」

今日はR・シュトラウスです。シュトラウスは嫌いではありませんがあまり聴きません。なんか苦手なのです。なんとも言えない美点もあるのですが饒舌というのか押し付けがましいというのか、最後まで付き合うには聴く前から心構えを要します。これってマーラーにも同じようなことを感じてしまうところです。それに両者とももっと短ければいいのに、いつもそう思ってしまします。その点この「ティル・オイレンシュピーゲル・・・」名前は長いですが曲自体は15分くらいで実に良い短さです(^^ゞ
この曲については吉田秀和氏が「名曲300選」かなにかで選んでいたようなのも影響してかシュトラウスでは一番聴いた回数が多いかもしれません。
今日はコンビチュニー指揮するウィーン交響楽団の演奏です。

til.jpg

実はこれは10数年前に購入したのですが一度聴いただけでそのままラックに眠り続けていたものです。理由は録音が良くなかったから。。。
今の家は昨年の3月に完成したので当然ほとんどの音盤はこの部屋では初めて聴くことになります。印象があまり変わらないもの、全く違って聞こえてきたもの、色々ですがこのシュトラウスは余りの違いにビックリした一枚です。
こんなに良い録音だったのかと!!といっても鮮明なオーディオ的なものとは違います。1959年の録音。ライナーにもそれ以外のことは記載されていないのでロケーション等はわかりません。古い録音なのでレンジは広くないし鮮度もイマイチです。以前はその段階で失格だったのです。しかし今日改めて聴いてみると奥行き感を含めて音場感は広いし定位も合格。昔のデッキは真空管だったんだ、そんなこと思わせてくれる温かみのある豊かな響き。なにより凄いのがたっぷりとしたホール・エコー。そんな中から渋い古色蒼然という言葉がピッタリのピラミッドサウンドが悠々と響いてくる。昨今の隙のない分析的なものとは全く違うシュトラウス、騒がしさとも無縁なシュトラウス。古いといえば古いタイプの演奏かもしれませんが、こんな風に演奏されるならシュトラウスもいいな、そんなことを思いながら「ティル・・・」だけのつもりだったのですが全4曲、といっても50分足らずを聴き終えました。これは自分にとっては珍しいことなのです(^^ コンビチュニーのものをもっと聴いてみたくなりました。
録音は前述の通り古いもので85点のレベルなのですが独特の音場感と雰囲気に5点のオマケ、90点としておきます。

「ティルオイレンシュピーゲルの愉快な悪戯」
サロメより「七つのヴェールの踊り」
「ドン・ファン」
「薔薇に騎士」より ワルツ第2番

フランツ・コンビチュニー指揮
ウィーン交響楽団

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

早寝・早起きと「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快な悪戯」

灯油の節約のためには、むしろ早寝・遅起きがよろしいのかと思いますが、そういうわけにはいきません。早朝、まだ暗いうちに目がさめると、そっと静かに起き出して台所の暖房を点火し、暖めておきます。そして部屋に戻り、パソコンの電源を入れ、コーヒーメーカーでコーヒ...

コメントの投稿

非公開コメント

R.シュトラウスの音楽では、

この「ティル~」や「ドン・キホーテ」などが好きで聴いています。一時、目覚ましの音楽に採用して、妻に嫌われました(^o^)/
今は、バロック音楽を採用しておりますが、間違いなく目が覚めるという実用的な観点からは、たいへん良好な選曲でありましたですよ(^o^)/

No title

narkejpさん、おはようございます

「ティル・・・」を目覚ましに使うとは流石ですね
私は早朝覚醒なので目覚ましは不要でございます(苦笑

シュトラウスではnarkejpさんと同じく「ドン・キホーテ」が好きです
これもちょっと長いのが難点?ですがチェロとヴィオラが何とも美しいですね

コメント&TB、ありがとうございました(__)

No title

私はティル~にしてもドンファンにしても、英雄の生涯…にしても、R,シュトラウスの音楽は好きで、これまでもそれなりに聴いてきました。

R,シュトラウスの音楽などは、やっぱり音質の佳い演奏で聴いた方が面白いですよね。


コンヴィチュニーのことは、昔から興味・関心は高く、聴いてみたいとずっと思っていたにもかかわらず、「これがコンヴィチュニーの指揮」ということで意識し聴いた記憶が全くありません。まったくずぼらで残念なことです。

やっぱり、アレですか、質実剛健という路線ですか。?

No title

バルビさん、こんにちは

コンビチュニーの演奏をそんなに聴いていたわけではありません。
しかし風貌からイメージしたものと同種の音楽が聴けました
古風で恰幅がよくて、包容力のあるものでした。
録音もそんな種のものでした。

コンビチュニー

10年ほど前ですが、嘗てゲヴァントハウスのコンマスだったG.ボッセさんとお話しする機会がありました。この方なら、フルトヴェングラーの指揮で演奏されているかもしれないと思って期待していたのですが、意に反してコンビチュニーの話ばかり…。
そのご縁でベートーヴェン、シューマン全集を買いましたが、気骨ある男の美学とでもいうのでしょうか!おおらかな素晴らしい演奏だと思いました。

No title

さすらい人さん、おはようございます

いや~凄いですね!!
ボッセさんとお話したなんて!
私には夢のような話しです (゜◇゜)

コンビチュニーに限りませんが、この人も、もう少し長生きして欲しかった指揮者の一人ですね

ベートーヴェンは欲しいです
でも、最近買いすぎなので自粛しています(;´_`;)
プロフィール

pigumoncocco

Author:pigumoncocco
月に数回ですが更新しようと再開しました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。