スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レイ・ブライアント 「プレイズ・ベイシー&ウェリントン」

本日はジャズです。以前にも書きましたが私の聴くジャズは耳あたりのよいものが殆どです。ハードなもの、例えばチャーリーパーカーなどは聴きません(^^ゞ そしてホーンのものでなくてピアノが中心です。ピアノというとビル・エバンス、キース・ジャレット、大西順子・・・特に筋が通っている訳ではなくて適当に選んで聴いてきました。今日とリあげたレイ・ブライアントもその一人です。この人のアルバムで最初に聴いたのが有名な「レイ・ブライアント・トリオ」そして「コン・アルマ」など聴いていました。今日のCDは比較的新しい、と言ってももう20年くらい前に録音されたものですが音も良くて仕事場で愛聴しているものです。ベースはルーファス・リード、ドラムスがフレディ・ウェイッ、どちらもわたしにとってはこの盤でしか聞いたことがない名前です。さてこのCDには「プレイズ・ベイシー&エリントン」という題がついている通りベーシーとエリントンの作品集です。

rb.jpg


凄いピアニズムで圧倒するというより小粋なピアノを楽しく聴かせる分かり易いアルバムですね。
透明な音場に粒立ちのいいピアノが快くスイングする。50年~60年代のものとは明らかに雰囲気が違います。タバコの煙など感じさせないクリアさです。確かにジャズとしては健康的に過ぎるかもしれないので、そこのところに不満を抱く人はいるとは思いますが、よくスイングする楽しい演奏、全9曲で約47分ということもあってまとまりの良いアルバムかと思います。余談ですがベスト盤などではなるべく沢山の曲が入っていたほうがいいのですがアルバムとしてはこの位の長さがちょうど良いと思います。

録音は1987年。ニューヨーク「クリントン・スタジオ」
三つの楽器が中央に集中。あえて言うと中央のピアノのやや後右手にドラムス、左手にベース。三つの楽器がほとんど同じ箇所から聞こえてくるし、楽器の大きさも感じさせない好みにはほど遠い音でスピーカーに対峙して聴くには辛いものがあります。レンジもそこそこ広しし、各楽器の質感はいいだけに惜しい。 そこで5点減点、87点
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

レイ・ブライアントのジャズは、私は3枚持っていました。そのうち、よく聴くのが、モントゥルーで行われたピアノソロです。ブライアントの顔と両手が大写しにうつっている盤です。

このエンリントン集は知りませんでしたが、内容からすると興味深く聴いてみたいです。

この人のジャズ界での評価は全く知りませんが、おっしゃる通り、私が持っている演奏も、小粋で楽しい雰囲気のものですよ。

No title

バルビさん、こんばんは♪

私もこの人のものは数枚しか持っていません
これは初期のものに比べるとジャズ色は薄くなっているようで
良くも悪くも親しみ易いものになっているようです
でも、私はコアなジャズファンではないので満足しています

コメント、ありがとうございました(__)


プロフィール

pigumoncocco

Author:pigumoncocco
月に数回ですが更新しようと再開しました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。