スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーツァルト 弦楽五重奏曲ハ長調K515

モーツァルトの弦楽五重奏曲ハ長調K515です。モーツァルトの弦楽四重奏曲ももちろん好きですが、それ以上に好きなのが弦楽五重奏曲で聴いたのもこちらのほうが早かったです。毎度同じようなことを言ってしまいますがこの曲もFM放送で初めて聴きました。あの頃、つまり昭和40年代はFM、特にNHKはクラッシックファンにとっては一番いい時代だったような気がします。毎日のように、それも朝から晩までクラッシック音楽が放送されれいましたし、特に海外の音楽会の模様も頻繁に放送されてました。今のようにCD、当時はLPでしたが安くなかった時代でしたから本当に有り難かったものでした。で、五重奏曲ですがエアチェックしたのはブダペストとトランプラーによる演奏でK515、K516、そしてK406の3曲を聴いていました。他の曲K593やK614を聴くようになったのはそれから暫くしてCD時代になってからでした。
さて今日はハ長調のK515です。この曲は同じハ長調のジュピター交響曲とよく比較されます。ト短調のK516も同じですが。

515.jpg

交響曲もそうですがこの五重奏曲もハ長調のほうが好きで聴く回数も圧倒的にこちらが多いです。CDはステレオ録音ではスメタナかABQ、そしてザロモンSQなどを聴いていますが、好きというとモノラルながらバリリの演奏を選ぶことになるようです。基本的にはステレオ録音のものを優先して古い録音というのをあまり聴かないのですが、演奏が他には変えられない良さがあるし、モノながら音も良好ということもあって愛聴盤の一枚です。

第1楽章。大空に羽ばたいていくような伸びやかで雄大な音楽で始まるこの第1楽章、、高貴なメヌエット、情感豊なアンダンテ楽章経て天真爛漫というか限りなく広い世界を疾走するかのような終楽章。全く傑作あまたのモーツァルトの作品の中でも指折りの名作といいたい音楽です。
バリリの演奏は言葉では表現しずらいものがあります。やっていることは普通と思うのですがテンポ感が良くてフレージングが柔らかくて上品。気品がにじみ出てくるようなウィーン風のモーツァルトという他ありません。ザロモンで聴かれる今風のもいいけれで、やっぱりバリリの優雅な演奏には抗しがたい魅力があります。尚このCDでは第2楽章、第3楽章がメヌエット、アンダンテの順で演奏されています。好みとしてはネヌエットの勢いの乗って終楽章に突入するのがすきです、どうでもいい事ですが。。。

録音はモノながら綺麗な音。ややハイ上がりながら気品に満ちた佳き時代のモーツァルトが満喫できます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

私はこの曲は、ブダペストの全集LPを昔から所有していて何度か聴いたんですが、どうもベートーヴェン全集同様、ブダペストとは相性が合わないのか、ぎすぎすとしてきこえ、手放してしまい、いま棚にあるのは、グリュミオーがヴァイオリンを弾いているフィリップスの全集です。

これは、音質もなめらかで聴きやすく、何度も聴いています。五重奏曲はどれも佳いですが、私もこのハ長調が一番好きですよ。

No title

バルビさん、おはようございます

エアチェックして聴いたブダペストのは結局は買いませんでした。
当時全盛だったスメタナのを買いました。

グリュミオーのは未聴ですが、K563のトリオやデュオは愛聴しております
グリュミオーらしい美演が想像できます(^^

バリリ!

私はスメタナ四重奏団だけ(^。^/)、デンオンのPCM録音とかのLP盤です。どうしてもト短調の方を先に思い浮かべますが・・・小林秀雄の評論を読んでいたからか・・・、しかし、ハ長調も雄大でいいですね。
バリリのをお持ちとは! ウエストミンスターですね。CD復刻版が出た
はずですね、入手すべきだったかな。

No title

crestさん、こんにちは♪

スメタナはLPで買いましたが手放してしましCDで買い直しました。
録音を考慮すると、これが一番いいかもしれませんね。

ト短調のほうがインパクトはありますが、繰り返し聴くにはハ長調のほうがいいと思っています(^^
プロフィール

pigumoncocco

Author:pigumoncocco
月に数回ですが更新しようと再開しました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。