スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シューベルト ピアノ三重奏曲第2番変ホ長調D929

梅雨に入りました。これから鬱陶しい日が続きますね。個人的にはこれからが一番苦手な季節です。
さて、だいぶ前になりますがNHKテレビで「三国志」を人形劇で放送していました。あの番組はとっても面白くて毎週楽しみにして視ていました。三国志には魅力的な沢山の英雄が登場しますが、やっぱり孔明に一番惹かれました。使われた人形の素晴らしさは勿論ですが声優陣も素敵でした。特に森本レオの声が孔明にピッタリ、これ以外にはいないと思わせるくらいのはまり役でした。
余談ですが人形劇本編の合間に、ストーリーテラーとして漫才師の紳助・竜介が出演していました。
さて、その森本レオですがオーディオファンでもあり、クラッシック音楽のファンでもあるそうです。三国志の放映が終わって数年後だったか、FM東京の番組に出演してオーディオやクラッシック音楽のことを話して自分の好きな音楽を紹介していました。
その番組で流されたのがシューベルトのピアノ三重奏曲第2番の第2楽章でした。この楽章は何かの映画でも使われたようですがその題名は忘れました。この曲を聴いたのはその時が始めてでしたが月並みな言葉ですが心の奥に何かを訴えてくるような音楽にいっぺんで惹かれてしまいました。
この頃はもうLPからCDに切り替えていたので石丸で買ってきたののがこのCDでした。
当時は今と違ってあれこれと選択の余地はなくてこの曲のCDはこれしかなかったと記憶しています。ハルモニア・ムンディ盤、故長岡鉄男氏お気に入りの録音が良いとの定評のあったレーベルでこれ一曲で価格は3600円しました。

trio_20100614161932.jpg

シューベルトらしい美しくて叙叙的なメロディ、第1番に聴かれる明るさ、屈託の無さに比べるとこの2番は孤独、寂寞感が強く、その典型が森本レオが選んだ第2楽章で聴けます。
このピアノの音、足音のようにも聞こえます。この足音は寂寥とした野原を歩く自分の足音なのか、迫ってくる死の不安の足音なのか?ともかくこの音楽はシューベルトの書いた怖い音楽の一つに間違いないでしょう。第2楽章だけでなく他の三つの楽章もシューベルトらしい逸品です。特に終楽章が好きです。途中から第2楽章のメロディが再現され人生の光と影が明滅するようにピアノが細かく美しい音を奏でる、そしてチェロがからんでくる。シューベルトの冗長さなど微塵も考えられない美しくて儚くて・・・最高の音楽の一つです
シューベルトには第1番変ロ長調の曲もあります。これも素晴らしい曲でどちらとも言えないのですが、今はもっぱらこちらの2番ばかりを聴いています。

録音は1980年頃。仏ハルモニアムンディらしく自然さと力強さを兼ね備えた好録音。左にヴァイオリン、中央奥にピアノ、チェロが右というオーソドッックスな配置ながら後から取ってつけたような不自然さがなく各楽器の定位が鮮明。しかし溶け合いもよくてホールエコーも美しいというもの。ただCD初期のものによくあったレンジの狭さや硬さを感じさせるのがマイナス点か。 93点

レ・ミュジシャン

さて、今日でこちらのブログを始めて1年になりました。ご存じかと思いますが私はYahooにもワンちゃんを主としたブログを持っています。あちらは簡単なものなのですが、最近は両方をやっていくのが、ちょっとばかりしんどくなりました。
能力もないのに二つというのが無理になってきたのです。
そういう訳でどちらかをを閉じようと思ったのですが、決断がつきません。
結局は両方を続ける。ただしこちらのFC2のほうの更新は週に一回から二回程度に減らそうということにしました。クラオタではないのでそれ位が丁度いいかと思いました。基本的には火曜と土曜に更新させていただきたい思っていますが不定期になるかもしれません(^^ゞ
まあ、そんな気紛れ者のブログですが今後ともお付き合い頂けたら幸いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

このLPを持っていましたが、その頃からの愛聴盤です。大変に印象的な第2楽章ですね。
終楽章についても同感です!この旋律が回帰される部分は、いつ聴いても目頭が熱くなってきます。

ブログ、是非続けてくださいね!定期的でなくとも、感動した曲や演奏をタイムリーに、ということで良いじゃないですか。楽しみにしていますので…。

No title

こんばんは。
私も、さすらい人さんと同感ですよ。記事にできる時にまた書いて下さいよ。楽しみにしていますから。

私もこっちの三重奏曲の方をよく聴きます。どの楽章も素晴らしいですね。この曲を聴くと、ちょっと寂しくなってくるような感じがします。

No title

さすらい人さん、おはようございます

さすらい人さんはLPでお持ちですか!!
このCDは初期によくあった硬さが感じられます
LPならきっといい音で聴けることでしょうね

何事も背伸びはいけませんね
分相応を肝に命じて続けていきます

励ましのお言葉、感謝です(__)

No title

バルビさん、おはようございます

1番のほうはスーク・トリオの演奏を聴いていましたが
2番のほうは知らなかったので放送で聴いた時は本当に感動いたしました

ブログは細々と続けていきます
今後とも宜しくお願いいたします


コメント、感謝しております(__)

No title

シューベルトのピアノ三重奏曲第1番と第2番は、トリエステ・トリオ(TRIO DE TRIESTE)の'59・'65年録音(Deutsche Grammophon)を愛聴しております。というか、第2番はこの演奏で満足してしまった(名盤!)ためか、これしか持っていないのです(汗)

ご紹介のCD、探してみたいと思います。ハルモニア・ムンディだったら録音も良いのでしょうね。

No title

ハルコウさん、おはようございます

トリエステという団体の名前は聞いたことはありますが、その演奏を聴いたことはありません。
この曲は好きなのですが他に持っているのは一枚だけなんです(^^ゞ
音も相当いいし、演奏もいい意味で尖ったところがなくて気に入っております。

え~と、これからもセンスのいい選曲を目指したいと思っています(笑
プロフィール

pigumoncocco

Author:pigumoncocco
月に数回ですが更新しようと再開しました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。