スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベートーヴェン ピアノソナタ第17番ニ短調作品31ー2「テンペスト」

ベートーヴェンのピアノソナタのなかでも、後期の作品を除くと聴く機会の多い曲です。これは作品31ー2ですが作品31-3も好きな曲です。ただ31-1は殆ど聴いたことがありません。
ベートーヴェンのピアノソナタというと最初に買ったのは中学の頃でしたか、やっぱり「月光」でした。ゼルキンのもので「悲愴」がカップリングされていた25㎝盤でした。
今日取り上げた「テンペスト」を聴いたのは大学生になってからだったと思います。買ったのはバレンボイム(EMI)の中古盤でした。当時はとにかく出来るだけ多くの曲を知ることが第一、聴くだけで精一杯だったので演奏云々なんてことを考えたことは殆どありませんでした。
そんなある日FM放送で聴いたのがリヒテルの演奏。これを聴いた時が演奏者によってこんなに違うものかと知らされた初めての経験だったかと思います。
で、今日はそのリヒテル盤ではなくてグールドの演奏を。

gouldld.jpg

これは20年近く前に買ったLDの10枚組のものからです。これは確か5万円くらいしたはずです。今考えるとよく買ったものだと。これを好きな曲だけをDVDに焼いておいたので視聴てみました。
CDで発売されている演奏は1967年頃の録音ですが、こちらの映像は1960年となっています。
ご覧の通り映像はモノクロです。

go3.jpg

グールドは協奏曲で指揮をしながらピアノを弾いているわけではないのですが空いているほうの手は自分で自分のピアノを指揮しているようです?特に第2楽章はピアノを弾いているより指揮しているほうが多い?恍惚とした表情だ完全に自分の創造するベートーヴェンに没入してしまっている感じで異様とも思えてしまう程でこういうところは映像の面白さです。

実はCDで発売されている方は聴いていないのですが、多分それとは大差ないのではないでしょうか? 緩急自在、速いパッセージでの明晰で歯切れの良い音楽、遅いところでのポツンポツンと切れていながら聴かせてしまう不思議さ。それは歌うというよりは詩情が広がっていくようでグールドの真骨頂。こんな個性豊かな演奏ながらベートーヴェンを聞かせてしまうグールドの才能に改めて凄いもんだと感じ入ってしまいました
繰り返しになりますが、グールドのピアノは勿論ですが、その演奏している姿も見物です。こんな風にピアノを弾く人っているんだろうか?こういうところ映像ソフトでないとわかりません、当たり前ですが。。。
グールドって意外とビジュアル系に向いていたのかもしれません??

少しですが映像はこちらです




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

天ぬきさんの記事やコメントを読んでいるうちに、グールドのベートーヴェン全集がすごくほしくなってしまいました。

「テンペスト」は聴き比べの記事を書こうとして挫折していますが、やはりギレリスが良かったような記憶がありますね。

リヒテルは、私にはちょっと幻想的過ぎるかもしれません(笑)

No title

ハルコウさん、おはようございます

バッハは別として。。。グールドのモーツァルトは聴きたいとはあまり思いませんが、ベートーヴェンはずっと面白いと思います。テンペストを含む作品31を注文しました。

リヒテル盤は私にとっては刷り込みなので、例えハルコウさんの言葉でもその牙城はゆるぎません(笑
プロフィール

pigumoncocco

Author:pigumoncocco
月に数回ですが更新しようと再開しました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。