スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーツァルト ピアノ協奏曲第21番ハ長調K467

ラサールの激辛のベートーヴェンの後は口直しを兼ねてモーツァルトのピアノ協奏曲を(^^
モーツァルトのピアノ協奏曲というと最初の頃は20番台、特に短調の作品を中心に聴いていたのですが、ある時から10番台を聴くことが多くなりました。内容的には20番台のほうなのでしょうがオペラブッファをそのままピアノ協奏曲にしたような、オペラの一場面を協奏曲に書き換えたような、そんな10番台の楽しさはまた格別なものがあります。ところが時計の振り子ではありませんが最近はまた20番台を聴き直し始めています。で、今日は21番K467を聴いてみました。


g467.jpg

この曲を皆さんはどうお聴きになっていますか?私にはちょっと評価が低い曲なのです。
がっちりとした構成感によるシンフォニックな第1楽章、世にも美しいメロディで陶酔的ともいえる第2楽章、愉悦感溢れ活発な第3楽章、名曲には違いないのですがモーツァルトとしては何かが、深さというかコクというか・・・足りないような気がしてしまうのです。
まあ、これからは素人の戯れ言です。そんな思いがあるのでこの曲に限ってはもちろん正統的な演奏もいいのですが、ちょっと遊びの入ったものもいいなと思ってしまうのです。
そこで取り出したのがグルダの演奏、昔コンサートホールに録音した古いものです。古いといっても1963年ですか?
グルダが即興的な装飾をふんだんに取り入れた演奏は好き嫌いの分かれるところですが、この曲に限っては許してしまう楽しさがあります。ベートーヴェンを暗示するようながっちりとした構成感は後退しますが愉悦感に溢れ、鼻歌交じりに楽しみながら弾いているようなグルダの姿が想像できるようで、この曲のもう一つの姿を示してくれているような気がします。この曲がお好きでしたら持っていても損はないと思いますが、どうでしょうか?
録音は1963年。 表示はステレオですがモノっぽい音場です。広がりも奥行きもあまり感じられずレンジも狭いものです。オケの分解能も水準ギリギリ。中央に定位する粒立ちのいいグルダのピアノは比較的明瞭に録れています。 83点

フリードリッヒ・グルダ(ピアノ)
ハンス・スワロフスキー指揮
ウィーン国立歌劇場管弦楽団

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

コンサートホール

こんばんは。
モーツァルトのピアノ協奏曲は、私はワルター弾き語りの20番から入りました。
そこから、おっしゃるように後の番号へ、そして遡って8番くらいまで。

グルダとアバドの20・21番は、高校のとき、20番が聴きたくて購入しましたが、想いに反して21番の方がアバドとウィーンのファンとしては、明るく美しい演奏に感じて大いに気にいりました。
でも、長じて他曲も聴き込むうちに、21番は聴かなくなりましたね。
理由はあまりありませんが、どうも美しすぎる2楽章に違和感が・・・。

グルダのピアノは、こういう曲はほんとうに、転がるようでいいですね。
コンサートホールの会員でしたが、これと皇帝は、購入しませんでした。
記事を拝見したら、気になってきましたよ(笑)

21番、良く聞きますよ(^O^)

おはようございます。お久しぶりです。
初めてこの曲に触れたとき、『何て美しい曲なんだろう』と溜息が出て以来、この曲は大好きです。もちろん、モーツアルトのピアノ協奏曲に嫌いなものはありませんが(笑)

実はグルダのこの曲の演奏まで手が回らないので聞いたことがありませんが、私はクリスティアン・ツァハリアスやシュテファン・ヴラダーの演奏を愛聴しています。そろそろ取り上げねば、と思いますf^_^;

No title

yokochanさん、おはようございます

私はハスキルの20番と24番を組み合わせたLPからモーツァルトのピアノ協奏曲に入門しました。
この21番を初めて聴いた時には陶然としたものですが暫く経つと・・・
この曲に限らずとっつき良い曲は飽きもきやすいですね。

私もコンサートホールの会員でしたが余り買いません、いや買えませんでした。今手元にあるのはW・ゲール指揮の「展覧会の絵」だけです

No title

サヴァリッシュさん、おはようございます

私が最初に聴いたのはバレンボイム/イギリス室内管による演奏です。片面には27番が収められていて愛聴盤の一枚。LPの大半は手放してしまったのですが、これは残してあります。

ツァハリアス、ヴラダーのものは未聴です。
ヴラダーのソナタは録音もよくて愛聴盤の一枚です
特に「デュポールの主題による変奏曲」が気にいってます。

サヴァリッシュさんの詳細極まる記事を期待しています(^^
プロフィール

pigumoncocco

Author:pigumoncocco
月に数回ですが更新しようと再開しました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。