スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲ホ短調作品64

メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲です。。。
40数年前になりますがこの曲は中学の教科書の鑑賞曲になってました。それならいい曲なんだろうと思って買った思い出があります。といっても中学生でLPなど買えるわけもなく17㎝盤を探したものでした。そのレコードはもう手元にないし演奏者もはっきり覚えていません。たぶんヴァイオリンはギトリス、指揮がスワロフスキー、オケはウィーン国立歌劇場管弦楽団ではなくてウィーン・プロムジカ管弦楽団だったような・・・その後知り合いの人からフランチェスカッティのテスト盤(B面はスペイン交響曲)をもらってからはこの17㎝盤はいつのまにか消えてしまいました。

mihon.jpg

このフランチェスカッティ盤はラロともども良く聴きました。あの頃は若かったし持っている音盤も少なかったので飽きることなく繰り返し聴いてました。ただこの曲も他のヴァイオリン協奏曲、例えばベートーヴェン、ブラームス、シベリウス、モーツァルト、それらを聴くようになってからは疎遠になってしまいました。
今日は暫くぶりにそのフランチェスカッティの演奏をCDで聴いてみました。

mende.jpg

このフランチェスカッティ独特の魅惑の音、きりっと引き締まっていて艶やかな音で奏されるメンデルスゾーンは美しく格調高い。沢山この曲の演奏を聴いていないのに言葉にするのはおかしいかもしれませんが、もっと表情をたっぷり付けたものもあると思います。が、このフランチェスカッティのを聴いているとその種のものが不要と思えてくるくらい。ヴァイオリンの美しさと漂うような品の良さで聴かせてしまう希有のメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲かと思いました。バックはセル指揮のクリーブランド管弦楽団。余談ですがLPの頃は契約の関係でコロムビア交響楽団となっていました。
これは充実感溢れた伴奏で見事なものです。

録音は1961年。艶やかなヴァイオリンが中央に定位。バックのオーケストラというオーソドックスなパターン。ヴァイオリンはよく録れていますがオケは分解能がイマイチで拘泥感があり音場感にも乏しいもので時代を感じさせるものです。  86点

ジノ・フランチェスカッティ(ヴァイオリン)
ジョージ・セル指揮
クリーブランド管弦楽団

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フランチェスカッティ好きです

こんにちは。
ジノ・フランチェスカッティといえば輝くような美音。
ほとんど白痴美と言いたくなるほどですが、これだけ綺麗なら文句も出ません。
とくに、このメンデルスゾーンはツボにはまった素晴らしい演奏ですね。
しかしフランチェスカッティ、冷遇されています。
ボックスセットでも出ないものでしょうか。
絶対買うのに。

こんばんは

天ぬきさま こんばんは

フランチェスカッティ
良いですよね~ 私は昔から大好きなヴァイオリニストの一人です。
蠱惑的な美音ですよね
歌い回しも実に良いものだと思います~。

CDとレコードでは音が異なりますか?
今はレコードは聴けないので、分からないのですが~
ミ(`w´彡)

No title

天ぬきさんとは同世代ですので、事情はよくわかります。
チャイコフスキーとカップリングされたハイフェッツ盤、これを合わせても我家のLPは10枚もなかったと思います。一体何度聴いたことやら…。

ただ、音楽の先生の一言「メンデルスゾーンのええ所は、最初だけやで!」の一言を真に受け、ほんとに最初の部分だけを繰り返し聴いていた、素直な模範生でした!

No title

こんばんは。

私はこの曲は大好きで、今でも時々聴きますよ。フランチェスカッティの盤のものはLPでありました。本当にこの人の演奏は、「品が佳い」というのが当てはまりますね。

その他、チョー・リャン・リンの情緒豊かなたっぷりとした演奏、ハーンの切れ味鋭いすっきりした演奏など、大好きですね。

この曲は(も)本当に佳いです。

懐かしいです(^^)

おはようございます~
すっかりご無沙汰しております。(^^)
フランチェスカッティ氏のこの演奏、私が初めて自分の小遣いで買った、LPレコードでした。
長くLPを聴くことが出来ませんでしたが、同じジャケト写真のCDを購入し再会出来たのが、早いものでもう三年ほど前のこと。
今日、CD取り出して聴いてみます。
つまらない書き込みで、失礼しました。<(_ _)>

No title

木曽のあばら屋さん、おはようございます

美音の持ち主は沢山いるかもしれませんが、フランチェスカッティの美音は私のような耳にもそれと分かる美音です。
あまりに美しいので誤解されてしまうのでしょうか?
確かに冷遇されてますね。ボックスセット、出して欲しいですね!

No title

rudolf2006さん、おはようございます

rudolf2006さんのお気に入りですよね、フランチェスカッティ
私も古くから聴いていたのですが、美音が故に不当な評価だったような覚えがります。

LPの再生は難しいです。条件が揃わないとCD以上の音にはなりずらいです。まあ、うちの装置での話しです。
そんな訳で通常はCD、LPはCDに焼いて聴いております

No title

さすらい人さん、おはようございます

高校時代、ラーメンが70円前後、牛乳が20円くらい。LPは2000円してましたからLPは貴重品でした。コロムビアに勤めていた知り合いからもらった見本盤は本当にありがたかったものでした。今はCDの数はあっても有り難みがなくなってしまいました。CDが安価に手に入ることが幸せなのか、考えてしまいます。

No title

バルビさん、おはようございます

この曲は10代の時に聴き過ぎたせいか
すっかり聴かなくなっていたのですが
やはりロマンティック、品の良い佳曲ですね
冒頭のメロディが流れてくると遠い昔を思い出します

No title

みー太さん、おはようございます

コメントはご無沙汰ですがブログのほうは拝見しております

初めて買ったLPがフランチェスカッティのLPですか!
なんだかそいう話しを聞くと嬉しいですね(^^

木曽のあばら屋さんの言葉をお借りすると冷遇されているフランチェスカッティ。でもこのようにファンが沢山いることを知り嬉しく思っています。

コメント、ありがとうございました
プロフィール

pigumoncocco

Author:pigumoncocco
月に数回ですが更新しようと再開しました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。