スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーツァルト ピアノソナタ第17番ニ長調K576

先日昔のエアチェックテープを整理していたところこんなものが出てきました。

as3102.jpg


もう40年くらい前のものだと思います。レコード芸術誌の表紙を切り抜いてテープの箱に貼って化粧を施したもの。当時はこんなことをして喜んでいたのでした(^^ゞ 中身はデビューしたての頃のアシュケナージのモーツァルト。ピアノソナタK576、K310そしてK510のロンド、つまりLP1枚分を放送してくれたのでそのまま収まっています。
この3曲は全部気に入ったので何度聴きました。なかでも一番気に入ったのが576のソナタでした。どう気に入ったのかは忘れてしまいましたが、それまで聴いていた331やK333のソナタとは違った世界を聴かせてくれたからだったような気もしています。今モーツァルトのピアノソナタで一番好きなものはと聴かれたらK576をあげると思います。
今回その演奏をCDで改めて聴き直してテープで聴いていた当時のことが思い出されました。新しく買ったばかりのコンポにソニーのデッキを繋いで独り悦に入っていた時のことを。。。
アシュケナージの演奏はとても素敵です。この曲独特の澄んだ佇まいが無理なく、自然なかたちで表現されている感じなのでこの佳曲にすんなり入っていけます。この曲、特に第1楽章は立体的な音楽なのですが、そこのところの表現、声部のかけあうところなどは絶妙な美しさだと思います
アシュケナージはモーツァルトのピアノソナタを他には録音していないと思いますが、この曲を聴くと何故なんだろうと思ってしまいます。K570 K284 そしてK533あたりも合いそうな気がするのですが。

録音は1968年。スピーカー中央のやや奥に程よい大きさで定位。ふくよかで温かみのある音でオーディオ的な音ではありませんが、この曲にはぴったり。静かな安らぎを感じさせるピアノです 92点
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pigumoncocco

Author:pigumoncocco
月に数回ですが更新しようと再開しました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。