スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シューマン歌曲集「女の愛と生涯」作品42

今日もシューマンです。おまけに苦手な歌曲です。シューマン、そして歌曲嫌いを自認しているのですが、たまには意表をついてみました。この曲は宇野氏の著作を読んで購入しました。もう20年以上も前なので音楽に対する意欲が今よりもずっとあった頃だったからだと思います。まあ、シューマンの有名な歌曲集くらいは聴いておかねばと思った訳です。
この「女の愛と生涯」という曲集はメロディも美しくて分かりやすくてシューマンの他の曲に比べると晦渋さが少ない。「詩人の恋」といいやっぱりシューマンの本領は歌にあるのでしょうか?
取り上げたのは白井光子とハルトムート・ヘルによるCDです。

onna.jpg

このCD、他に同曲の音盤を持っていないので言うのもなんなんですが非常にいい演奏なのではないかと思います。歌が素直というか変に表情をつけない、無表情という意味ではありません。これは個人的嗜好なのですが最近は演奏者が前に出る演奏よりも曲の良さを教えてくれるような演奏が好みなのです。この白井光子の歌もそういう種のものと思いました。伸び伸びとした無理を感じさせない発声からシューマンのロマンティックなメロディーが浮かび上がってきて聴いていて気持ちがいい、思わず一緒に声を出したくなるくらいです(^^ゞ
さて、このCDの美点は録音の良さにもあります。
1982年、秦野市公民館での録音。このCDには録音データが詳細に記載されていますが省略します。マイクはノイマン、ショップス、ミキシングコンソールがスチューダー等・・・
透明な音場感、中央のソプラノが大口にならずに定位。その後ろにピアノ。
音場が透明、しかし演奏しているスペースを感じさせる雰囲気があるので俗な言い方をすると、そこで歌っている感じがリアル。冷たさのない親近感のある好録音でした。 94点
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

私はシューマンの歌曲集では、「詩人の恋」と「女の愛と生涯」は大好物ですね。特に前者では第7曲「私は恨まない」、後者では第2曲(恋人への愛の賛歌だそうですが)が好きで、ロマンティックな素晴らしい曲だと思います。

意味はほとんど分かりません。しかし、シューマンのメロディーラインの素晴らしさが聴ける2曲と思います。


白井さんは、旦那のヘルさんの伴奏で、地元で一度だけ聴く機会がありました。その透き通りようなソプラノの声は、本当に素晴らしく、ヨーロッパの一流の歌手に十分匹敵するか、あるいは勝っているんかな~などと感動したものです。

この曲では、クリスタ・ルートヴィヒとワルターが伴奏したロッテ・レーマンの2つのLPを時々かけます。

No title


間違えました。バルビです。

No title

バルビさん、こんにちは

歌曲は苦手なのですがこの曲集だけは例外的に聴いてきました
「詩人の恋」よりも好きです

以前フェリアーのCDを聴いてみましたが
全く好みではなく処分してしまいました

他には聴いていないのです
それでも記事にしてしまいました
お許しを (__)

拙い体験ですが…

私も長い間、歌曲は苦手でした。
10数年ほど前に、苦手な理由が「歌い手の声は、分類不可能な雑多な楽器で、自分はそれを楽しめていない」と認識した時から、俄然興味が湧いてきました。
「様々な音色を楽しんでやろう!」と思って聴くと、これほど雑多な表現の妙を楽しめるジャンルはないように思います。

で、白井さんの「女の愛と生涯」は、まぎれもない名演だと私も思います!

No title

さすらい人さん、こんにちは

人の声というのはもっとも基本的なものですね
コンサートで聞くとその声の凄さに圧倒されてしまいます
しかしうちで聴くと。。。
何故か上手く聴けないのです

さすらい人さんの仰ること
成程と思いました。
未知の名曲が沢山あります
少しづつでも聴いていきたいと思いました。

コメント、アドバイスありがとうございました。
プロフィール

pigumoncocco

Author:pigumoncocco
月に数回ですが更新しようと再開しました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。