スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレマン 二つのフルート、弦楽合奏と通奏低音の為の組曲 ホ短調

あらためて言うまでもないと思いますが、私の好きな作曲家はモーツァルトにベートーヴェン。そこにバッハ、ハイドン、そしてそこに何人かが加わわる程度です。
普通はそんな作曲家を中心に聴いているわけですが、たまにはリラックスして聴けるものをと、そんな時によく聴くのがテレマンの「食卓の音楽」です。これを食事の時にBGMとして聴ければいいのですが、残念ながらそんな優雅な生活ではありません。
テレマンの音楽を聴くとバッハと似ているところもあるのですが、バッハよりはいい意味で親しみやすい。正直いって無人島に持って行く音楽とは違うと思うのですが理屈っぽいところがなく開放的でBGMにはぴったりな音楽です。
以前テレマンを取り上げた時にも書いたと思いますが、テレマンが好きだからといっても大抵はながら聴きみたいなものです。ですから例えばこの曲はトリオソナタの第3楽章なんてことは答えられません。ただこれはテレマンのなんかの音楽と答えるだけです。
今日取り上げたのは「食卓の音楽」第1集からの「二つのフルート、弦楽合奏と通奏低音の為の組曲 ホ短調」です。

table_20100409104633.jpg

フルートを独奏楽器ししているところからバッハのロ短調組曲を連想しますがフランス風序曲から始まり、お後はパスピエやルールなどの舞曲で構成されていて似たようなものです。こういう曲は上手な演奏、特に管楽器。そしていい録音のもので聴きたいです。テレマンの優雅な音楽を理屈抜きで楽しめればいい訳です。今日取り上げたパイヤールの演奏はそんな要求にピッタリです。美しい優雅な演奏、管楽器の名人芸を楽しむ。それを引き立てる優雅な録音。これで十分なのです

録音は1980年。パリのノートルダム・デュ・リパン教会。
各楽器が鮮明に分離するというよりは溶け合いを重視した録音。広がりや奥行きも小編成に相応しいもので広いものではないです。教会の録音らしく残響が豊かで柔らかな暖色系の音でゆったりとテレマンの音楽に浸るにはぴったりの録音。ここの分解能がもうすこしあるといいのですが。 90点 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

NO TITLE

パイヤールさんも、もう80歳を超えましたね。今お元気でしょうか。何をやっていますかね~。

この人のバッハやモーツァルト、他のバロック音楽の演奏には、お世話になりました。チャイコフスキーのセレナードなんてのも、以外と佳かったですね。


この人のテレマン演奏は所有していませんが、優雅で心地よい音楽に仕上がってるんでしょうね。聴きたく思っています。

NO TITLE

バルビさん、おはようございます

いつもコメントいただき感謝です(__)

パイヤールの名前はすっかり聞かなくなってしまいましたね
私がクラッシックを聴き始めた頃には
ミュンヒンガーに方やパイヤール、そこにマリナーが現れたという時代でした
パイヤールの音楽は耳に優しいですね
この曲集はMAKでも聴くのですが正反対でしょうか

NO TITLE

こんにちは。
テレマンは物凄い多作家だったようで、多くが似た楽想に、あるいは通俗的な
嫌いがあるかも知れませんが、洒落っ気というか、どこか一寸粋なところがあって
好きです。
ブリュッヘン指揮のアムステルダム合奏団を好んで聞きます。

NO TITLE

crestさん、こんにちは

私が最初に買ったのがブリュッヘンのLPでした
CDに切り替えた時に手放してしまいました
これは大失敗でした
今でも時々買い直そうかと思っているのですが。。。
プロフィール

pigumoncocco

Author:pigumoncocco
月に数回ですが更新しようと再開しました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。