スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リスト 交響詩 「前奏曲」

クラッシック音楽を聴き始めた頃によく聴いていたのがリスト。聴いていたと言ってもまだ中学の時代ですから沢山の曲を聴いたのではなくて「ハンガリー狂詩曲」の2番と6番、それに今日取り上げた「前奏曲」でした。この「前奏曲」の解説には必ず書かれているフランスの詩人であるA・ラマルティーヌの「詩的瞑想緑」からの一節である「人生とは死への前奏曲である」、この言葉がいたく心に響いたことや、その音楽が波瀾万丈な人生を思い浮かべさせる音楽ということもあって好きでした。よく聴いたのはクリュイタンス/ベルリン・フィルのコンビによる25センチ盤でした(片面にはレオノーレ3番が収録されていてこれもよく聴きました)このLPは残念ながら盤質も傷んでしまって満足な再生はできません。フルトヴエングラーのものもCDで聴いていましたが、こういう曲はやっぱり音の良いもので聴きたい、そこで選んだのがカラヤン/ベルリン・フィルによる演奏です。


lizst.jpg



カラヤンはこういう曲でも手を抜かなかったというのはよく言われてきました。巨匠と呼ばれる人がやらなかった小曲が好きだったのか、とにかくこの手の曲を沢山、そして新しい録音で残してくれたことは嬉しいことです。このCDにも「モルダウ」、「舞踏への勧誘」、「ウィリアムテル序曲」などが収められていて楽しい一枚です。欲をいえばハンガリー狂詩曲が5番でなくて2番だったら。。。
さて、前奏曲ですが厚みがあり、そして細部まで磨きあげられたベルリン・フィルを駆使したカラヤンサウンドが全開。動と静の対比をつけてクライマックスにもっていくのがオケの上手さもあって快感。しかし以外だったのがティンパニ。かなり控えめで遠くでひっそり。もう少し強く景気よくやっってもらったらもっと聴き映えがしたと思うのですが、それは素人の浅はかさか。それはともかく、たまにはこういうのをボリュームを大きくして聴くのもいいものです。しつこいですがショボイ音のものでは聴きたくない曲です

録音は1983、84年。奥行きの深さに比べると広がりがイマイチ。スピーカーの幅で広がりが決まるタイプ?
各声部の分離は明瞭ながら弦楽は分解能というよりマスで響く感じで、これはカラヤンのDGG録音に共通するところ。高域のヌケも欲をいえば今ひとつ、標準的な録音でしょうか  90点
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

NO TITLE

こんばんは。

リストでは、私もクラシックを聴きたての頃、ハンガリー狂詩曲の第2番はカッコ良くてよく聴いた覚えがあります。

次にピアノ協奏曲、超絶技巧練習曲、パガニーニよる練習曲、ベートーヴェンの交響曲編曲などでしたね。

高校生の時、音楽の先生がとてもピアノが上手な人で、授業でリスト編曲のベートーヴェン第5交響曲の第1楽章を弾いてくれたのを覚えています。凄いな~と、その時は感動しました。

リストの交響詩はあまり聴きませんが、たまに私はショルティ盤で、この前奏曲などを聴きますね。

カラヤンだったら、やっぱり豪華絢爛といいましょうか。綺麗なんでしょうね。

NO TITLE

バルビさん、おはようございます

いつもお世話になります

リストといえばパガニーニによる練習曲は忘れられないですね
私はワッツの演奏をエアチェックして何度も聴きました
人間の指ってこんなにも動くものかとビックリしたものでした

正直いってリストを聴くことはなくなりましたが
たまにはいいものでもありました。

オケの人は「ラプレ」と呼ぶらしい

こんにちは。
ラ・プレリュード、いい曲ですね。
カラヤンの振るこの曲、LPで持ってました。
どんな演奏だったっけ・・・(よく憶えていません)。

さきごろ読んで大変感動した小説
藤谷治「船に乗れ!」にも
リスト「ラ・プレリュード」が登場しました。
たいへん辛い場面で使われていたのですが・・・。

NO TITLE

木曽のあばら屋さん、こんにちは

ラプレですか、初めて聞きました(^^ゞ

カラヤンが何回この曲を録音したかは知りませんが
これは多分最後のものです。
本文にも書きましたが少し控えめな表現でした

読書に関しては何を語る資格のない人間です
「船に乗れ!」ですか
図書館で探してみます
プロフィール

pigumoncocco

Author:pigumoncocco
月に数回ですが更新しようと再開しました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。