スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドヴォルザーク交響曲第9番ホ短調作品95「新世界より」

先日アップしたモントゥーのブラームス、そのWEEKENDシリーズのイラストが反響を呼んだようです(笑
yokochanさんからもドヴォルザークの「新世界」の人を食ったようななイラストへのコメントがありました。そこで今日は予定を変更してこの「新世界」を取り上げてみました。

これがWEEKENDシリーズ。自由の女神とドヴォルザークをドッキングさせている秀逸なものです(笑


d9.jpg



こちらは後日買い直した国内盤です

new_20100310101001.jpg


そしてその昔新宿のトガワという中古店で購入したLPです

newl.jpg


実はこのブログで「新世界」を取り上げることはないと思っていました。
曲自体も放送等では聴いていますが、自分で音盤を取り出して聴くのは何年ぶり?10年近くなるかもしれません。
この定評ある名盤に関しては改めて言うことはありません。
久しぶりに聴いて思ったのはそのみずみずしい演奏は勿論のこと、その録音の良さです。冒頭からその弦、そしてティンパニの質感の良さに感嘆!奥行き感や広がりも十分。ホールエコーも美しくてオーケストラ録音の見本。オーディオ的というより音楽を聴かせてくれる見事さに圧倒されました。
録音は1961年。いまから50年前にこれだけ素晴らしい録音が出来ているのに何で今の録音は・・・そう思ってしまいました。 95点
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

NO TITLE

こんばんは。

新世界よりは、私もほとんど聴かなくなってしいました。ドヴォルザークなら、8番や7番、5番などの方が聴く気がおこりますかね。

でも、久しぶりに聴くには、新世界よりだって良いですよ。通俗名曲だ何だなんていうことは、誰かさんに言わせておけば良いことで、こちとらは、音楽が楽しめればいいんですからね。

私の所有は2枚。
フリッチャイ+ベルリンPOのまさに豪快な演奏。そして、このご紹介のケルテス盤です。これは非常に彫りの深い演奏で、本当に素晴らしいです。録音もおっしゃる通りで、初期盤は非常に高価な値段がつきましたね。(つきますね。)

このジャケットを見るだけで、あの素晴らしい音がよみがえってくるようです。

録音評に共感します!

本当に(CDで聴いても)良い録音ですね!勿論演奏も素晴らしいのですが…。
昔、3年間転勤で赴任していた某県庁所在地に2度オーケストラが来訪したのですが、どちらもメインが『新世界』でした。

聴き飽きた曲の筈でしたが、最近なぜか再び聴くようになりました。
多くの演奏から、これまで聴き逃していた新しいことが発見できるように思います。

NO TITLE

バルビさん、こんにちは

新世界、久しぶりに聴きました
やっぱり良い曲ですね

この曲、他にはトスカニーニとライナーの二枚だけなので
クーベリック盤は未聴です
ベルリン・フィルとは違うオケでは聴いた記憶があります・・・

これさえあれば他には要らない
そういう言い方は?ですが
ケルテスのには使いたくなってしまいそうです(^^ゞ

NO TITLE

さすらい人さん、こんにちは。

当時のアンサンブル型のステレオで聴いても良い音と思いましたが
今回聴き直して改めて録音の優秀さに驚きました。

こういう曲はさんざん聴いたせいか、おざなりになりがちですが
やはり名曲、じっくり聴けました。

プロフィール

pigumoncocco

Author:pigumoncocco
月に数回ですが更新しようと再開しました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。