スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽評論家 黒田恭一氏が死去

open.jpg音楽評論家の黒田恭一氏がお亡くなりになりました。
享年71歳という若さでした。

氏は音楽評論の危うさ、曖昧さを感じとっていたのでしょうか、断定的な表現を避け「・・・と言えないこともない」などと遠回しの表現を好んで使っていたようです。しかし言うべきことは言うというべきか、1970年代初頭にブルックナーやモーツァルトの交響曲が発売され、精神的ドイツ音楽こそ本物とするアンチ・カラヤン派から非難の嵐に遭った時は真っ向から反論して硬骨漢な面も見せてくれました。 因みにアンチ・カラヤンという言葉はこの頃から使われ始めたのではないでしょうか?
氏はオーディオにも造詣が深く、そちらのほうにも沢山の寄稿をされていて私はこの方面のファンでもありました。
このように音楽を愛し、オーディオも愛され幅広い教養を持った方が早きに死んでしまったことが残念でなりません。
心からご冥福をお祈りいたします。

今日はその物議を醸し出したブルックナーの「ロマンティック」です。
このように磨きぬかれた芳醇な音のブルックナーを受け入れるかどうかは聴き手次第だと思います。正直このブルックナーには抵抗のある時期もありました。でも今は素直のこの流麗な音楽に酔いしれてしまいます。

(アップした写真は懐かしいオープンテープ。聴いたのはCDです)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

黒田恭一氏を偲んで・・

最近お知り合いになった'''【天ぬきさん】のblog'''で黒田恭一さんの記事を拝見しました。 http://cocco904.blog46.fc2.com/category7-2.html そのことは寡聞にして存じ上げなかったのですが、5月29日71歳の若さで旅立たれた

コメントの投稿

非公開コメント

NO TITLE

こんにちわー♪

先日お伺いした折にこの記事も目に留まっておりました。

で、私も黒田氏の記事をアップしたのでTBさせて頂きました。

黒田氏の独特の話し方や文章表現はときに回りくどく感じることもありましたが、嫌いではありませんでした♪

NO TITLE

あなろぐふぁん様、こんにちは

TB、ありがとうございます(^^♪

黒田氏のいわく言い難い独特の言い回しで
くどく感じると言えなくもありませんでした

最近は音楽関係の雑誌は殆ど読まないのですが
評論家の世界も世代交代しているようですね
プロフィール

pigumoncocco

Author:pigumoncocco
月に数回ですが更新しようと再開しました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。