スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッハ クラヴィア協奏曲第5番ヘ短調BWV1056

本日もネガティブな記事になります。すいません(__)

若い頃、バッハを聞き始めた頃よく聴いたのがブランデンブルク協奏曲、管弦楽組曲、ヴァイオリン協奏曲、そしてヴァイオリン協奏曲とは双子のようなクラヴィア協奏曲でした。そのなかでも一番よく聴いたのが第5番BWV1056でした。この曲の第2楽章のラルゴは映画「恋するガリア」にも使われたおなじみのメロディー。とっても親しみやすいものでポピュラーにも使われスイィングルシンガーズなどは実に美しいスキャットを聴かせてくれたものでした。最初に聴いたのは友人から借りたグールド盤をのテープでした。テープといっても友人がどこかでコピーしてきたものです。私もデッを持っていたのでLPならコピーしたかったのですがテープではいかんともしがたく、学生の分際でデッキを2台持つことは到底無理でしたから、借りたテープを毎日のように聴いていたことをよく覚えています。
今日はその5番をグールドのものではなくてシュタットフエルトの演奏です。


1056.jpg


このピアニストはゴールドベルク変奏曲を聴いた以外はしりません。図書館から借りて聴いたのですが斬新というか奔放というか、独特の美音で綴られた実に現代的なバッハでした。その記憶が残っていたのと某誌に於いて優秀録音盤として推されていたので、この協奏曲のCDを購入してみました。このCDは今の相場からするとちょっと価格が高めだったのですがボーナスCDが一枚付くというのも魅力でした。ところが届いて知ったのですが本体の収録時間が62分くらいでボーナスCDは14分ほど。2枚にしなくても十分一枚に収録できる時間。まあ、メーカーの都合やらアルバムとしての統一感がなくなるでしょうからやむを得ないとは思うのですが釈然としない気持ちが起きたのは私だけかな??
で、聴いたのですがまず音が思っていたより良くない!?某オーディオ評論家、大御所みたいな人の推薦だったので安心して買ったのに。。。雑誌に書かれていたのとはまるで違う音。音への期待が相当にあってまずガッカリ。うちのレベルの普通のオーディオではだめなのかな?そういう状態で聴いたせいかどうかわかりませんが演奏まで期待外れ。肩に力が入ったような余裕のない演奏であのゴルドベルクで聴かせてくれたしなやかさは何処へ?? 期待が大きかっただけに残念な結果でした(;´_`;)

録音は録音:2005年12月 スイス、2006年8月 編成の小さなオケをバックにピアノが中央に定位したオーソドックスな録音ですが「しなやかな質感の弦楽合奏、美しいスタンウェイの音が印象的」という大先生の評価には遠い音。大型装置でないと真価を発揮しないのかもしれません 90点

マルティン・シュタットフェルト(ピアノ)
ルツェルン祝祭弦楽合奏団
アヒム・フィードラー(指揮)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ソロとコンチェルト

ソロが素晴らしくても、コンチェルトは普通...というピアニストの録音は、良くありますね。(逆の場合もありますが。)
ソロは自分ひとりなので独自の解釈で弾くことができますが、コンチェルトは指揮者とオケとの協奏なので、ソロを弾くときほどに自由には弾けないところがあるようです。特にソロの演奏が個性的な人はその傾向が強いような気がします。
弾き振りの場合だと、本来の持ち味を出しやすいせいか、個性的な演奏ができる人もいます。

雑誌に載っている専門家のレビューは、私の場合はあまり当てにならないことが多いですね。
好みと評価の基準が同方向の個人レビュワーを数人見つけていますので、試聴をした上で、彼らのレビュがよければ買うことも多いです。これだとハズレがほとんどありません。

NO TITLE

こんばんは。

そうだったんですか。残念でしたね。私はこの人のことはまったく知りませんでした。随分と若い人なんですか。

バッハのクラヴィーア協奏曲は、私の手持ちは、レイモンド・レパードの全集物です。これは軽くてお上品で、結構好きです。リヒターの選集も良いですが、ちょっと厳しい演奏だなと思うと、こちらのレパードのものはほっとします。

第5番は良いですね。

NO TITLE

yoshimiさん、おはようございます

やっぱり楽器をなさる方、ピアノを弾いている方は
視点が違いますね
おっしゃていること、ひとつひとつ、納得です
短絡的に判断してはいけませんね
音楽の素養にない素人ですので
今後とも教えていただければありがたいです

コメント、ありがとうございました。

NO TITLE

バルビさん、おはようございます

シュタットフェルトは1980年生まれですから30歳ですか
血気盛んな若者という感じです

私はチェンバロによる演奏は好みでないので
手持ちはグールド、カツァリアスなどピアノばかりです

記事でも触れましたが5番は昔から好きなんです(^^
プロフィール

pigumoncocco

Author:pigumoncocco
月に数回ですが更新しようと再開しました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。