スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベートーヴェン ピアノ協奏曲第1番ハ長調作品15

CDを聴いていて期待以上のものもあれば期待ハズレなものも当然あります。前者ならば問題ありませんが後者の場合はブログの載せることを躊躇ってしまいます、素人なのに偉そうに、となりますから。でもそういうネガなものを載せるのもいいかな、なんて思い直しました、素人なんだから(^^ゞ
そんな訳でボツにしていたものが二回続きます。在庫一掃なのでご勘弁ください(__)

ベートーヴェンのピアノ協奏曲。若い時は随分と聴いていたのですが最近はあまり聴かなくなりました。理由はよくわかりませんがベートーヴェンというとピアノソナタか弦楽四重奏曲を選んでしまうかもしれません。そんなピアノ協奏曲で一番聴く頻度が多いのは今日取り上げた1番かもしれません。これが一番優れた曲という意味ではなくて何度も聴ける、いい意味での親しみ易さがあるようです。
今日はアルゲリッヒのピアノによるCDです。これはだいぶ前に購入したのですがろくに聴いていませんでした(^^ゞちょっと調べてみたらこのCDは1986年のレjコードアカデミー賞なるものを取っていたんですね、しりませんでした。

arge1.jpg


これは評価が分かれる演奏ではないでしょうか?どんな演奏でも評価というものは分かれるものですが、これは特に録音も含めてそんな気がしました。アルゲリッヒのピアノは例によって切れ味鋭く小気味よい。表情の付け方も奔放なもので緩急自在、左手の生かし方もズバッと決まる感じ。特に終楽章はエンジン全開!微妙なアクセントをつけながらスピード感満点で奔流のように突き進んでいく様は圧巻、その見事なピアノに引き込まれてしまいました。
ただこれがベートーヴェン?そんな感じがしないでもありません。伝統の殻を破ったベートーヴェン、そんな斬新なベートーヴェンかもしれません。一度聴く、もし演奏会でこれを聴いたら興奮のるつぼ?しかし繰り返しCDでは?一度聴いたら当分は聴かなくてすむ、個人的にはそんなベートーヴェンのように思えました。
シノーポリの指揮は多分素晴らしいと思います。多分という注釈付きなのは響きが録音のせいか軽い、腰座った響きではなくイタリア的といったら当たり前の形容?ピアノともどもベートーヴェンにそぐわないように聞こえました。これは先に書いたように賞をとった名盤です。私の好みには合わなかっただけのことなのです。
アルゲリッヒファンの皆さん、ごめんなさい

録音は1986年。非常に残響豊かで響きが良く、ピアノとオケの位置関係も明瞭。奥行き感等音場感優れた録音。ただ演奏でも触れたようにフワフワとした実態感のオケの薄い響きが何とも残念。演奏ともども評価が分かれそうです。 92点

ジュゼッッペ・シノーポリ指揮
フィルハーモニア管弦楽団
マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

NO TITLE

こんばんは。

この曲私も好きです。 アルゲリッチの演奏はそうですか。でも、うなずけますね。

私もアルゲリッチの演奏は、曲によってLP(CD)によって、「それはやりすぎじゃないか、そこまでは」と思うことが時にあります。

いつだったか、NHKの放送でデュトワの指揮でショパンの協奏曲をやったんですが、あまりにも自由奔放すぎて、私はあまり気に入りませんでした。

私の愛聴盤は、ミケランジェリとジュリーニが組んだライブ盤です。このミケランジェリの透徹した完璧な演奏にまいりました。かつてNHKで放送されてはじめて聴いた時、第1楽章の4連音でピアノが高い方から降りてくるパッセージにさしかかったとき、完璧な打鍵と粒の揃った美しい音、音楽の流れに感動してしまいました。

これはLP国内盤、輸入盤、CDとそろえました。

NO TITLE

バルビさん、こんばんは  

いつもコメント、そして拍手までいただいて感謝しております(__)

アルゲリッチはライブの人かと思います
繰り返し聴ける録音向きではない
そう思ってしまいます
記事にも書きましたがライブだったら興奮の坩堝かもしれません

ミケランジェリは未聴です
バルビさんお勧めのものは聴いていないものが多いです
偏食なのですいません(__)

おヒサシでございます。

おひさしぶりでございます(^^)。
この録音、自分は好きですよぉ。。。というか、この曲はアルゲ姐さんの演奏しか聴いたことがなく。もう一枚は小澤征璽指揮の1980年代初頭のライヴDVDです。
アルゲ姐さんから聴き始めた曲は、その後どなたの演奏を聴いても、アルゲ姐さんのインパクトに及ばないと思えてしまい。。。
逆に他のお方で親しんでから聴いた曲では、ピンと来ないことが多く。ワタシの場合はショパンP1・P2。アバドでもデュトワでも。独自色がたっぷりだからでしょうか。

話はまるっきり変わりまして。。。(^^;。

上喜元がお好きなんですね~。
ワタクシも上喜元は極めて大好きなお酒であります。
自分に好きな蔵元3軒挙げろ!といわれれば、間違いなく入ります。
ちなみにもう2蔵は、秋田の天の戸と、雪の芽舎です。
天の戸の蔵元には、今週末おじゃましてきます(^^)♪

NO TITLE

左党さん、おはようございます

こちらこそご無沙汰してます
アルファの調子はいかがでしょうか?

アルゲ姉さんですか、言えてますね~(笑
まあ、インパクトの強い演奏なのは確かで
気の弱い私は気圧されてしまいます(苦笑

沢山飲むわけでhないのですが日本酒が好きです
dancyuなどを参考に色々試してみましたが
ここ数年は上喜元を飲んでいます
左党さんお勧めのもの頭にいれておきます
ありがとうございました

プロフィール

pigumoncocco

Author:pigumoncocco
月に数回ですが更新しようと再開しました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。