スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かしい  コニー・フランシス

音楽というものを意識して聴くようになったのはいくつくらいになった頃だったろうか?小学校になってからだったか?時期に関してよく覚えていないのですが聴いた覚えのあるのは「お富さん」「別れの一本杉」「哀愁列車」「越後獅子」「ウスクダラ」「月がとっても青いから」「風速40メーtル」なんてのを聞いたような?江利ちえみを除いてはいわゆる歌謡曲で外国のポップス類を聞いたのはその後だったように覚えてます。そのポップスといっても大抵は日本人歌手がカバーしたもので弘田美枝子やら森山加世子、他にもいたはずですが思いだしません。その頃聞いたポップスを思い出したくなるときに聴くのがコニー・フランシスのCD。

conn1.jpg

ロックンロールが誕生した'50年代後半に従来のポピュラー系ではなく、ロックンロール時代のグルーヴでポップスやバラードを歌った女性歌手として最初にスターの座に着き、'60年代半ばまで歌に映画に大活躍した文字通りオールディーズ・ポップスの女王。全盛時代のコニー・フランシス人気は全世界に及ぶもので何と彼女は13ヵ国の言語でレコードを出していたそうです。
久しぶりに聞いてみると懐かしさがこみ上げてくる。音も古き良き時代の響き。レンジは狭くてボーカルも独特のイコライジングを感じさせる。しかしこれがぐっとくるノスタルジックサウンド。昔は英語も歌詞の意味も分からずに大声だした歌っていたことを思い出してしまいました。
ディスティコンニャスカ~ラ トゥルテラニュ♪♪
これ「カラーに口紅」の一部で
lipstick on your collar told tale you
これが当時の小学生にはこう聞こえたんですね~(笑

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

コニーさん

おはようございます。
これまた懐かしい名前ですこと!

私の子供時代の和製ポップスは、黛ジュンや弘田美枝子、伊藤さゆり、山本リンダなどを思い起こしますが、女性ばかりなんですね(笑)
男子は、グループサウンズの時代でしたし。

コニー・フランシスといえば、なぜかAM放送のイメージです。
抜群の歌唱力が記憶に残ります。
天ぬきさんが、ときおりとりあげる、このあたりはとても懐かしく、そしてちょっとお兄さん世代を仰ぎみていた記憶がよみがえり、うれしいです。

NO TITLE

yokochanさん、おはようございます

わたくしが聴いたポップス関係はすべてAM放送でした
後年はテレビ、FM以前の時代でした

他にはカテリーナ・ヴァレンテ、ニール・セダカの名前も。。。
昔は良かったなんて言ったらおしまいだそうですが
でも、口にでちゃいます
昔は良かったな~(^。^)
プロフィール

pigumoncocco

Author:pigumoncocco
月に数回ですが更新しようと再開しました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。