スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五島みどり 「アンコール」

ヴァイオリンによる小品集です。このてのCDを選ぶには様々な基準があると思います。まず好きな演奏家。ヴァイオリンは個性が色濃くでますからまずはこれですか?それから話題の演奏家、それから選曲の善し悪し、そして録音の善し悪しも私には大きいものです。一般家庭でオ-ケストラを満足できるレベルで再生させることはなかなか難しいですが小編成、特にヴァイオリンソロなどは比較的それらしく再生しやすいのではないでしょうか。
この五島みどりの「アンコール」というアルバムは演奏、録音そして選曲と三拍子揃ったアルバムでスピーカーに対峙して聴くもよし、居眠りしながら聴くも良しの愛聴盤になっています。


midori.jpg



全20曲ですが特に気に入っているのがクライスラーの「前奏曲とアレグロ」、エルガーの「愛の挨拶」、そしてシマノフスキーの「アレトゥーサの泉」で、個人的には全20曲を通して聴くことはあまりありませんが、この3曲だけは必ず聴いています。
女性ですが引き締まった艶やかな美音のヴァイオリンが中央やや奥に現物大で定位。その奥にピアノが位置するオーソドックスなもの。ピアノも低音が雄大、力があってグランドピアノを連想させるるに足るスケール豊かなもの。また、例えばハバネラなどに顕著な音の微妙な変化を的確に聴けるくらいに素晴らしいものだと思います。俗な言葉ですが眼前の演奏という感じで楽しめるCDで、録音の良いヴァイオリンの小品集をという向きにはお奨めしたCDです。96点

・クライスラー:前奏曲とアレグロ
・サラサーテ:ハバネラ 作品21-2
・パガニーニ:カンタービレ
・キュイ:オリエンタル 作品50-9
・バツェヴィッチ:オベレック第2番
・エルガー:愛の挨拶 作品12
・クライスラー:ウィーン風小行進曲
ショスタコーヴィチ/ツィガーノフ編:4つの前奏曲~24の前奏曲 作品34より
・第10番作品34-10 モデラート・ノン・トロッポ
・第15番作品34-15 アレグレット
・第16番作品34-16 アンダンティーノ
・第24番作品34-24 アレグレット
・エルガー:朝の歌 作品15-2
・サラサーテ:序奏とタランテラ 作品15-2
・ドヴォルザーク/クライスラー編:スラヴ舞曲ホ短調 作品72-2
・プロコフィエフ/ハイフェッツ編:行進曲~歌劇『3つのオレンジへの恋』より
・チャイコフスキー:メロディ 作品42-3 ~『なつかしい土地の思い出』より
・シマノフスキ:アレトゥーサの泉 作品30-1~『神話』より
・クライスラー:シンコペーション
・グルック/クライスラー編:精霊の踊り(メロディ)~『オルフェオとエウリディーチェ』より
・フォーレ:子守歌 作品16
・スクリャービン(シゲティ編):エチュード変ニ長調 作品8-10
・バルトーク:ルーマニア民俗舞曲 Sz56
・イザイ:子供の夢
 五嶋みどり(ヴァイオリン)
 ロバート・マクドナルド(ピアノ)

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

前奏曲とアレグロ

こんにちは。
「前奏曲とアレグロ」は、クライスラーの作品の中で一番好きな曲です!
ドラマティックで、美しくて、激しくて、最高に充実した音楽ですね。
このMIDORIのアルバムも持っています。
優雅さを前面に出した解釈でかえって個性的、スバラシイと思います。

他に好きなのは・・・
チョン(「コン・アモーレ」収録)は、テンポ・強弱を大きく揺らした
スケールの大きな快演。

ナージャ(「It ain't Necessarily So)収録は
大見栄を切るようなアクの強さと即興的なノリが魅力。
かなり好きにやってます。

・・・あれ、女流ばっかり。

NO TITLE

こんばんは。

この人を日本人女流ヴァイオリストといっていいかどうかは分かりませんが、そう言うなら、この人は目が離せません。しかし、実演ではまだ聴いたことがありません。

他の人は、私は身近に群響があるため、優秀な女流ヴァイオリストも、ソリストとして数々聴いてこられました。前橋汀子さん、堀米ゆず子さん、神尾真由子さん、漆原朝子さん、加藤知子さん、諏訪内晶子さん、渡辺玲子さん……。恵まれてはいますね~。

五嶋さんを実演で是非聴いてみたいですね。まだまだチャンスはありますので、聴けると思いますけれども。

こういった小品を彼女はどう料理しているのか、興味がありますね。

NO TITLE

木曽のあばら屋さん、おはようございます

ヴァイオリンは女性が似合う
小林秀雄はそんなことを言ったそうな

「前奏曲とアレグロ」、いいですよね
最初に聴いたのは前橋汀子さんのコンサートでの演奏を
FM放送で聴きました。これはCD化していまでもよく聴きます
ナージャは未聴ですがチョンのものもよく取り出します

同好の方がいらして嬉しいです
コメント、ありがとうございました

NO TITLE

バルビさん、おはようございます

このCDは録音も優秀でお勧めです(^^

ヴァイオリンという楽器は男性よりも
女性のほうが絵になるような気がします
特に小品を弾く姿は

確かに優秀な女性ヴァイオリニストに恵まれてますね
私も持病がなければコンサートに行きたいのですが。。。

コメント、ありがとうございました

プロフィール

pigumoncocco

Author:pigumoncocco
月に数回ですが更新しようと再開しました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。