スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレマン 「食卓の音楽」第2集から 四重奏曲ニ短調

telemann.jpgテレマンの音楽をはじめて聴いたのは「リーコーダーと管弦楽のための組曲イ短調」でした。バッハの管弦楽組曲第2番とのカックリングされていたLPでその局ではリコーダーの代わりにフルートが使われていました。これはバッハを目当てに買ったものだったので、このテレマンはしばらく聴かずにいたのですが、バッハに飽いて聴いてみたら、これはバッハいに劣らない曲。それどころかバッハよりも雅というか優雅さがあってすっかり気に入り、今度はテレマンばかりを聴いていた記憶があります。まあ、当時はテレマンという馴染みの無い作曲家、自分ではそう思っていたのですが、そんな作曲家を聴いているということ自体を喜んでいたところもあったようです(^^ゞ
テレマンというと有名なのは「食卓の音楽」で、この曲集は結構聴いてきましたがその中の、例えばトリオ・ソナタを聴いて第何集のものと即座に答えることはできません。なにしろ題名の通りに食事の時のBGM、そして仕事場でのBGMで聴くことが殆どでスピーカーの対峙して聴くことは余りしていませんでしたから。そんな中で一番聴いてきたし、多分一番有名であろう第2集からの四重奏曲を聴いてみました。この四重奏曲、原曲ではリコーダー、2本のフルートと通奏低音のために書かれたものですが、今日のCDではリコーダーのパートをバスーンが、フルートのパートの一つをオーボエで演奏されたものです。

第1楽章 アンダンテ しみじみとした、そしてテレマン特有に親しみやすい音楽。オーボエ、バスーン、フルートの音色が溶け合って雅な美しさを
第2楽章 ヴィヴァーチェ ちょっとおどけたような快活な音楽。特にバスーンの細かい音が活躍。フルートとバスーンが協奏曲のようにソロを吹きまくるが楽しい。
第3楽章 ラルゴ 一転牧歌的な優しい音楽。
第4楽章 アレグロ ひょうきんな感じをもった快活な終曲。
全4楽章、各名人が音楽を楽しんでいる様子が浮かんでくるような愉悦感にあふれた演奏で本当に楽しめるCDです。

オリジナルの編成によるものとどちらがいいかと聞かれると返答に困ります。リコーダの入ったものは全体にキリッとした透明な響きですが、こちらのバスーンの入ったものは柔和でユーモラスになるのはその楽器の質からして当然ですね。お好みに応じてという曖昧な答えにならざるをえません。

録音は1990年、ザルツブルクでのデジタル録音。右手前にチェンバロ、後方のオーボエ、フルート、バスーンが並ぶイメージ。艶のある豊かな響き。各楽器が明確に分離するというよりは解け合う美しさを優先。生だったら多分こんな感じ、サロンで聴くような録音と言ったらよいでしょうか。94点
なおこのCD、私が買った時は1枚3000円でしたが今はクレストシリーズで2枚組が1500円で買えます。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1440026
曲、演奏、録音の三拍子そろった絶対の推薦盤、お買い得と思いますよ
なにしろ私は2枚に6000円出したんですから(‥;)


ヨーロッパ・バロック・ソロイスト
ヴィルフガング・シュルツ(フルート)
ハンスイェルク・シェレンベルガー(オーボエ)
ミラン・トゥルコヴィッチ(バスーン)
フィリップ・モル(チェンバロ)
クラウス・シュトル(ヴィローネ)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

確かに、最もいい!

またまた、お邪魔します。
「ターフェル・ムジーク」、私もよく聴きました。しかし、仰るとおり、単独に
言われてもどの曲か分かりませんね(*^。^*)。
で、第2集を取り上げた拙ブログを読み返しました。
すると、確かに書いていました。
「第2集で最もいいのは、第2曲「四重奏曲 ニ短調」です。」と。
ちなみに私の愛聴盤はブリュッヘン指揮のLPです。

NO TITLE

天ぬきさん
crestさん こんにちは。

crestさん、時々お見えで、なによりです。ご一緒に音楽談義ができることをうれしく思っています。

ターフェルムジークは、私は、その昔パイヤール室内OのLPを所有していたはずで、さっき棚を見たんですが見つからず、これは多分処分してしまったんだと思います。

覚えていないので、こういうことは駄目ですね。聴けば楽しいはずの音楽なんですからね。

それで他にないかなと思って探したら、ただ一つズーカーマンのヴィオラの協奏曲にテレマンの協奏曲が一曲ありました。我が家ではテレマンは今のところこの一曲です。

「食卓の音楽」と名がついているんですから、おっしゃる通り、BGMにはもってこいですね。また買おうか。



NO TITLE

crestさま、こんにちは

この曲集はながら聴きが多いので
曲名が出てきません

ブリュッヘン盤は前から欲しいと思っているのですが
そのままです

コメント、ありがとうございました

NO TITLE

バルビさま、こんにちは。

パイヤール盤はいいですよ
序曲や協奏曲はパイヤールのCDで聴きます
パイヤール独特のエレガントで気に入ってます
処分したとしたら勿体なかったですね

コメント、ありがとうございました
プロフィール

pigumoncocco

Author:pigumoncocco
月に数回ですが更新しようと再開しました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。