スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シューベルト 「四つの即興曲」 作品142

クラウス
今日はシューベルトの「即興曲」にしました。シューベルトというと歌曲でしょうけれども、私はその方面はどうも苦手で殆ど聴きません。聴くのは室内楽や器楽曲といったものが多くなってしまいます。それらにしても沢山の曲を聴いているわけではないのですが好きな音楽です。少ないレパートリーのなかで以前はピアノソナタなどを結構聴いていたのですが、最近はその長さを持てあますことが多くなってしまい疎遠になっています。。それで聴くのは短いもの、即興曲等というわけです。今日はその「即興曲」を聴きました。作品90ではなくて作品142のほうです。シューベルトの「即興曲」というと以前は作品90のほうばかりを聴いていましたが、歳を重ねてからは作品142のほうを聴くことが多くなってきました。特に2曲目の変イ長調の曲が大好きで時にはこの曲だけリピートにして聴くこともあるくらいです。

全4曲、これを一つのソナタとしてみることも出来る、そんなコメントをどなたかのブログで読んだ覚えがありますが、なるほどな~と思ったものでした。第1曲であるヘ短調は他の曲に比べて人気がないようですが、これも実にシューベルトらしいいい曲だと思います。全体に作品90よりは華やかさや優美さなどには欠けますが、しみじみとした、そう滋味豊かな音楽で何度聴いても飽きないのはこちらのほうかもしれません。
今日聴いたクラウスの演奏は例によって表情を大きくつけた演奏ですが、モーツァルトの時より気にならないのはシューベルトとモーツァルトとの音楽の質の違いからくるのでしょうか?そういうことが素人の私に分かるはずはありませんが、とにかく表情が豊かな演奏なのですが、ひっかるところがない、むしろシューベルトの音楽に合ったロマンティックで楽しめる美しい演奏だと思います。


音質は1967年。レンジが格別に広いわけでもないいしスケールの大きなものでもありませんが非常に聞きやすいピアノ。スピーカーの中央に程よい大きさでピアノが定位。低域がガァーンとかジーンとかスケール豊かな響きはありませんが、そこそこのスケール感はあるし、全域で滑らかというか艶やかな音でシューベルトの美しいピアノ音楽に浸れる録音かと思います。90点

 4つの即興曲 作品142 D.935 第1番 ヘ短調
4つの即興曲 作品142 D.935 第2番 変イ長調
4つの即興曲 作品142 D.935 第3番 変ロ長調
4つの即興曲 作品142 D.935 第4番 ヘ短調

リリ・クラウス(ピアノ)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

NO TITLE

こんばんは。

シューベルトは、私は器楽でも声楽でも、好きな作曲家の一人です。特にこの即興曲は、大好物ですね。どれも美しくて、本当に素晴らしい。

リリー・クラウスは、モーツァルトでお世話になっていますが、シューベルトは聴いたことがありません。興味深いです。


シューベルトの実演では、この8月、我が群響が渡邊一正さんの指揮のもと、ハ長調の大交響曲を見事な演奏で聴かせてくれました。

来る2月定期には、モーシェ・アツモンさんの指揮で未完成が演奏されます。(メインはブルックナー3番) これも楽しみです。

CDも聴け、実演も度々身近に聴け、幸せですわ。

NO TITLE

バルビさん、おはようございます

わたくし、偏食なものでリートは苦手です
実演で聴くと、その声に圧倒されてしまいますが。。。

クラウスのシューベルトはなかなかいいと思います
ソナタも愛聴しています。

生を聴ける環境に住まいとは
いいですね
わたくしは文化とは無縁の田舎に
住んでおります(;_;

お久しぶりです

随分長い間ご無沙汰しています。
移り気で他の方に気が取られてブログから離れていました。
久しぶりに戻ってみると、懐かしい曲が・・・・。
同演奏の曲を以前私も書いたので、それを読み返すとお好きな
第2番には
「第2番変イ長調はやさしく慈愛の旋律が美しい。
そして中間部は烈しい。強く迫力があって烈し過ぎるくらい。」
とありました。
クラウスは仰るように表情豊かに、烈しく大きな表現をしますね。

NO TITLE

crestさま、おはようございます。

コメント、ありがとうございます。
ブログの更新がなかったので
ちょっと心配していました。

>第2番変イ長調はやさしく慈愛の旋律が美しい。
そして中間部は烈しい。強く迫力があって烈し過ぎるくらい。

まったくその通りですね
この曲は何度聴いても飽くことがありません
長くないのも◎なんです(^^

もしかしたら私の記事をご覧になられて…

シューベルト。この人も私の愛聴する作曲家の一人です。即興曲集も絶品ですよね。

タイトルにも書きましたが、『1つのソナタ』云々のくだりは、もしかしたら私の記事をご覧になられて…かも知れませんねf^_^;

私はルドルフ・ブッフビンダーのピアノで良く聞いていますが、クラウスの演奏も素晴らしいですね。U△O先生イチ押しは、私とあまり被ることはないんですが(笑)、この演奏には脱帽します。

NO TITLE

サヴァリッシュさん、こんにちは。

そうでした、サヴァリッシュさんのブログで拝見したのでした。
歳をとると忘れっぽくなります
ごめんなさい

U氏の推薦版には当たり外れがありますが
このシューベルトは当たりでした (^^)

コメント、ありがとうございました
プロフィール

pigumoncocco

Author:pigumoncocco
月に数回ですが更新しようと再開しました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。