スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サン=サーンス ヴァイオリン協奏曲第3番ロ短調作品61

kyon.jpgサンサーンスはサラサーテの名人芸に惹かれていたようで「序奏とロンドカプリチオーソ」や「ヴァイオリン協奏曲」は彼の為に作曲されたようです。サーンサーンスに関して吉田秀和氏は50歳くらいの時の著のなかで俗っぽいと批判していて評価していなかったようでうです(今はしりません) しかしこれだけ美しい旋律と名人芸的な快感を併せ持つ曲も少ないのではないでしょうか。ついでに言うと、このところは個人的にはこういう俗っぽい曲?特にヴァイオリンのものが大好きで、例えばパガニーニ、ビュータン、そしてコルンゴルトなどのヴァイオリン協奏曲等を聴く頻度は前回取り上げたブラームスやベートーヴェンなどのおれよりはるかに多くなっています。今日はこの華麗で情熱的な協奏曲をチョンキョンファのヴァイオリンで聴いてみました。
この演奏には一種の高揚感、緊迫感、そしていちずな熱気のようなものがはらんでいて良くも悪くも緊張を強いる演奏に思えます。例えばフランチェスカッティの演奏に聴けるような良い意味での軽さ、洒脱さのようなものは聴けませんが、違った面からのものとしては、熱のこもった演奏の一つの典型のようなものかもしれません。フランチェスカッティのが鼻歌まじりのようにその美音を駆使しての、肩に力が入らない洒脱さがあるのに対して、こちらは全身全霊でこの曲に没入している感じさせるサンサーンスになっています。
とにかく彼女の実演の姿、前のめりになって獲物を追うような動物のような、そんな姿を連想させるもので、うねるような歌い回しと攻撃的な踏み込んでいくような強さを感じさせるヴァイオリンには身を正してしまうような迫力があります。

録音は1974年。 ヴァイオリンは中央に定位。オケはバスに力があって迫力は十分。しかしレンジは広くないようで、特に低域はある帯域からスパっと切られているような感じで空気感のようなものは稀薄でした。また音場は昔よくあった左右に中央奥といったもので、弦はU字形の展開ですが管楽器との距離感は浅めで、広がりや奥行き感も豊かとはいえないレベルでした。 88点

チョン・キョンファ(ヴァイオリン)
ロンドン交響楽団、指揮:ローレンス・フォスター

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

NO TITLE

こんばんは。

チョンキョンファは、調子が良いときには、本当に体当たりの凄みのある演奏をしますね。

私の所有しているチャイコフスキーのコンチェルト。プレビンの指揮のもので、録音はあまりよくありませんが、スタジオ録音にもかかわらず、足を踏みならして、鋭く切り込むような、凄みのある演奏が聴けます。

サンサーンスの演奏は聴いたことがありませんが、その演奏の想像はできますね。

私も吉田秀和さんの著作は結構読みました。おっしゃる通り、サンサーンスに関わる論評は、どれも音楽的価値の低いものであるとの指摘ですね。

まあ我々一般の音楽愛好家は、音楽分析や論評のために音楽を聴くのではなく、あくまでも楽しむために聴くのですから、「そういうこともあるんかな~」などと言いながら、自分が楽しめる音楽を聴くのが良いですよね。

私はサンサーンスのチェロ協奏曲やピアノ協奏曲、クラリネットソナタなども好きで、折に触れてよく聴きますね。

NO TITLE

バルビさま、おはようございます。

若い時は評論家の言葉は大きい存在でした
吉田氏は勿論、例のU氏の本も随分と読みました

そういう呪縛から離れて
こういう演奏もいいし
ああいう演奏もいいな~
そんな風に思えるようになるには
時間がかかりました。

サン=サーンスは人を楽しませるつぼを
心得ていた作曲家だったように思えます。

コメント、ありがとうございました

NO TITLE

こんばんは。

キョンファ嬢の演奏、好きです。

この曲も最近ブログで取り上げました。
仰るように録音は今一歩かもしれません。


キョンファ、近年はあまり表に出ないようですが復活して欲しいですね。

NO TITLE

ニョッキさん、おはようございます。

サン=サーンスのヴァイオリン協奏曲は
この演奏をLPで聴いたのが最初でした。
熱い演奏でいいですね。
録音はデッカにしてはイマイチですが。。。

彼女は引退したとも聴いています
ピアノに比べるとヴァイオリン奏者の引退は
早いようですね、残念なことです。
プロフィール

pigumoncocco

Author:pigumoncocco
月に数回ですが更新しようと再開しました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。