スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーツァルト ヴァイオリンソナタホ短調K304

sigebl.jpg私が20代の頃にはFM放送は貴重な音源でした。
NHKーFMは勿論のこと民放(FM東海 →FM東京)も定期的にクラッシック番組を放送していました。特にNHKはクラッシック番組が毎日のように組まれていたのでFM誌を眺めては毎日のように聴いていたものでした。

確か、土曜日の午後だったと思うのですがリクエスト番組があって私も葉書を出したことがありました。曲目はモーツァルトのヴァイオリン・ソナタホ短調K304。
何故この曲かいうと、その少し前ですが M・J・ピリスが初来日した折に塩川悠子とのコンビでの演奏がFMで放送されました。それを聴いて「これはいい曲だ」とすっかり気に入ってリクエストした、という訳です。
リクエストが採用され、自分の名前がアナウンスされた時は何故か恥ずかしかったですね。若かったんだ~(笑 演奏はシゲッティのものでしたが全く覚えていません(^^ゞ)

今日はその演奏を聴いてみました。
音符の一つひとつを丹念に音にして音楽を構成していく感じの演奏に聞こえます。
世評いわれるように美音というものでもないし、進行が滑らかなものでもないので最初は取っ付きが悪いのですが、聴き進むうちに音楽の骨格がはっきりした硬派の演奏に聴きいってしまう。スピーカに対峙して聴きたい、そんな演奏でしょうか?

この曲のように短くて、分かりやすくて、美しくて、心にしみ込んでくる曲
大好きです!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pigumoncocco

Author:pigumoncocco
月に数回ですが更新しようと再開しました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。