スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイドン 交響曲第101番ニ長調「時計」

先日、実家の書棚を整理してました。特に高校、大学時代に使った教科書や辞書などを整理しました。こんなものを手に取ると若かった時のことを思い出します。その中の一冊がこれ、斉藤秀三郎による「熟語本位英和中辞典」です。

dic.jpg

これは確かZ会の会報誌を読んで買ったように記憶しています。確かこんなことが書いてあったと思います

「・・・この辞典を半分でも読んで手垢にまみれてきたら赤飯を炊こう、合格祝いの」

大昔のことなので詳細は覚えていませんが趣旨はこんなものでした
これを読んで早速大枚1500円を叩いて、当時の普通の辞書に比べると3倍くらいしましたか、意気込んで買ってしまったのがこの辞典です。そう、これは辞書ではなくて辞典。未知の単語を調べるという目的よりも基本的な動詞や前置詞の幅広い用法を知る、折りにふれて読んで英語に慣れる、そんなものだったのです。残念ながら半分はおろか三分の一も読めなかったので赤飯を炊くことはありませんでした。
この斉藤秀三郎という人が小沢征爾の師である斉藤秀男氏の父君であることを知ったのはずっと後のことでした。
さて、この時代、つまり私が高校生だった時代ですが「百万人の英語」というラジオ講座があったことは私くらいの年代の方なら皆さんご存じかと思います。いつも居眠りしながら聴いていた?そんな思いしかありませんがテーマ音楽だけは鮮明に覚えていました。

という訳で今日はハイドンの「時計」です (^^ゞ
そんな訳で小澤征爾指揮する斉藤記念オーケストラといきたかったのですが、ありません。そこでモントゥーの演奏にいたしました。
cl.jpg

「時計」というと真っ先に取り出したくなるのがモントゥー/ウィーン・フィルのCDなのです。モントゥーの演奏は何を聴いていると豊かな気持ちになれる。このハイドンはその典型かもしれません。悠容迫らず、聴き手を包み込むような大きさがあります。大きさといってもクレンペラー等の厳しいものとは違って優しさを感じる大きさでしょうか?迫力もあるけど力ずくにならないので素直に聴けてしまいます。こういう指揮をする人はいなくなったようですが。。。

録音は1959年。古さは否めません立体感に溢れた雰囲気のある暖色系の聴きやすい音。シャープというよりは温かみのある、それでいながら木目の細かさにも不足しない肌触りの良い音楽的な音。奥行きに比べて広がりが今ひとつなのが残念なところ 92点

ピエール・モントゥー指揮
ウィーン・フィルハーモニー

             お知らせ

暑さが和らぐころまで休ませていただきます
お盆明けには再開の予定ですが
予定は未定にして決定にあらずです
なおヤフーのほうで週に一度くらいの割合で音楽関連のものをアップする予定です。勝手ながらそちらを覗いていただけたら幸いでございます(__)
スポンサーサイト
プロフィール

pigumoncocco

Author:pigumoncocco
月に数回ですが更新しようと再開しました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。