スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シューベルト:ヴァイオリンとピアノの為の幻想曲 D934

シューベルトというとまずは歌曲なんでしょうけど、私は苦手で殆ど聴きません。一応有名な三大歌曲集は聴きましたが進んで聴こうと思うことはありません。たまにはオーディオチェックにブレンデルといれたディースカウ盤を取り出すくらいです。これはオーディオ評論家の石田善之氏が使用していたのを真似て購入しました。石田氏は「オーディオチェックを忘れて全曲聴いてしまう」と書かれていましたが私は全くそういうことがありません(^^ゞ 交響曲も「未完成」の他はあまり興味ないし、ピアノソナタも数曲ですが結構聴いていた時期もありましたが最近は途中で必ず睡魔に襲われるので満足に聴いておりません。結局はシューベルトというと室内楽、もっというと弦楽五重奏曲、ロザムンデ四重奏曲、二つのピアノ三重奏曲、そして今日とりあげた「ピアノとヴァイオリンの為の幻想曲」あたりを飽きもせずに聴いていることになります。
以前はブッシュとゼルキンによる古い録音のものを聴いていたのですが最近はこのシュナイダーハンとクリーンの演奏を気に入って聴いています。何といってもステレオ録音ですから(^^

rondo.jpg



シュナイダーハンの端正なヴァイオリンも素敵なのですがクリーンのピアノが実にいいのです。特に最初のところ、右中間のやや奥から良い意味で霞がかったような音でポロポロ、ポロ~ンというところがなんとも風情があって一瞬にしてシューベルトの世界に引き込まれてしまうようで心が和んでしまいます。そしてシュナイダーハンの端正なヴァイオリンがスッと入ってくる。。。こんなに普通の音楽なのにシューベルトって凄い、というよりもいいな~、そう思ってしまう一瞬です。
全篇流麗なピアノとシューベルトの美しい旋律のヴァイオリンが対話していく無類の音楽。こんな音楽にはこのコンビは最適といいたいくらいい美しい演奏です。難しいことは言わないで楽しみたい、そういう曲であり演奏でした。

録音は1965年。 本文にも書いた通り二台の楽器の位置関係が明瞭であり音像の大きさも適切で聴きやすい。ヴァイオリンがややキツ目に響くところがありますがうちのオーディオのせいかも知れません。 90点



年度末にあたり、暇人の私でも少しばかりたまった仕事があります
更新は少し休んで4月2日から再開する予定です
スポンサーサイト
プロフィール

pigumoncocco

Author:pigumoncocco
月に数回ですが更新しようと再開しました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。