スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年のBEST3を選んでみました

今年も残すところ数日になりました。暇人なのですがさすがに雑用で何かと忙しく落ち着きません。そんな訳で今日で今年の最後の更新になります。
そういう訳で今年購入した音盤からベスト3を選んでみました。今年購入したといってもたいした数ではありませんし、殆どは旧譜、レギュラー価格のものは買っておりませんので新味はありません、ご了承ください。

第1位は迷うことなくシャンドール・ヴェーグによるモーツァルトのディベルティメント&セレナード集。


pg1.jpg

ブログにも2回ほど登場させましたが実にレベルの高いもので頻繁に取り出しました。ブログにも書きましたが歯切れよいリズムと瑞々しいフレージングが快く至上のモーツァルトを聴かせてくれました。値段が安かったのもよかったです。


第2位はアラウの弾くバッハのパルティータ集です


arrubach.jpg



バッハというと御他聞に洩れずグールドの洗礼を受けてきましたが、このアラウのバッハには深く感銘いたしました。と同時にグールドの呪縛から逃れさせてくれた演奏でした。グールドとは全く違う演奏スタイル。アラウ独自の演奏スタイルから淡々と紡ぎだされてくる至高のバッハ。聴けばきくほどに語りかけてくる無類のバッハ。今年、何度聴いたことか!

第3位はグールドによるハイドンのピアノソナタ集


gouldjk.jpg

これもブログで取り上げました。全曲がグールド特有のノンレガート奏法による極めて斬新なハイドンでブレンデルなどを聴いてきた耳には驚きの連続でした。特にアップした49番の演奏は聴いていて快感を覚えるくらいに小気味よさを持った無類のハイドンかと思えました。 余談ですが今NHKFMの吉田秀和が担当する作曲家シリーズでハイドンをやってます。その番組の中で氏がこんなことを言っていました「ハイドンのピアノソナタは宝の山」と。

これが天ぬき個人のベスト3です。
古いものばかりで申し訳ないのですが、こうなりました。



皆様には本年は大変お世話になりました。
また下手くそで誤字、脱字だらけな文章に付き合っていただき感謝しております
本当にありがとうございました。


aisatu_20091228153740.jpg


それでは、皆様よいお年を!!

スポンサーサイト
プロフィール

pigumoncocco

Author:pigumoncocco
月に数回ですが更新しようと再開しました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。