FC2ブログ

明日は晴れかな曇りかな

「蓼食う虫も好き好き」  There is no accounting for tastes

TOP > モーツァルト

モーツァルト クラリネット協奏曲イ長調K622

モーツァルト クラリネット協奏曲イ長調K622

モーツァルトは管楽器の為に沢山の協奏曲を残してくれて、どれもがその楽器を生かした名曲ばかりですが、それらの中から一曲といっったらクラリネット協奏曲を選ぶというのは当然のことでしょうか。この曲の持つ澄んだ響きの中に現れる天国的な平穏さ、屈託のない明るさ、寂しさ、いいようもない美しさ。この曲にすべてが内包されているモーツァルトの作品のなかでも屈指の名曲、なんてことを改めて私なんぞが書く必用もないのです...

... 続きを読む

No title * by バルビ
これはもう、私の大好物の曲です。今はもっぱら、マルセリウス+セル、クリーヴランドOのCDを聴いています。

プリンツとベーム+ウィーンPOも愛聴盤です。この演奏は本当に柔らかく、聴き心地佳く何度も何度も聴きました。ミュンヒンガ-盤も興味深いですね。

そして名手ライスターが、「おらが群響」と組んで作ってくれたLPも大切にしています。当時のオーケストラの演奏水準自体は、今現在や海外オーケストラに劣るんでしょうけれど、でもこれも素晴らしいですよ。CDも買いました。

ライスター本人は、自分の協奏曲録音の中で、自身の演奏自体で言うと群響との演奏(自分の演奏)が一番佳いできと、言ったと聞きました。

ライスターは、毎年夏の草津音楽フェスティバルに、毎年来てくれます。今年も室内楽を聴いてきま~す。8月に。

No title * by 天ぬき
バルビさん、おはようございます

ライスターのものはカラヤン盤で聴いています。
群響との演奏は噂には聞いていますが実際には聴いたことがありません
ご本人がそうおっしゃっているなら素晴らしい演奏なのでしょうね。

草津には温泉もありますし楽しみ満載ですね
いってらっしゃいませ(^^

モーツァルト ピアノ協奏曲第12番イ長調K414

モーツァルト ピアノ協奏曲第12番イ長調K414

今日はレオン・フライシャーのモーツァルトです。このCDは某ブログの記事を拝見して欲しくなり、だいぶ前に注文をしたのですが、少しでも安く買いたいという貧乏人根性を出してマルチ・バイ注文。別のCDの入荷が遅れたために相当遅れての配送となってしまいました(^^ゞ本命の23番をと思ったのですが、某ブログで記事にしているし、こちらは回避して12番にしました。と言ってもこの12番、若干深みには欠けますが23番に劣らずに大好...

... 続きを読む

No title * by バルビ
おはようございます。


フライシャーさんは、実演で一度聴くことができました。20年ほど前、我が片田舎へ、小澤征爾さん率いる新日本フィルと一緒に来て、ラヴェルの左手のための協奏曲を弾いてくれました。


その時は、名演だったんでしょうけれど、小澤さんの例の派手な指揮の方ばかりが気になって、ピアノの演奏は「はてどうだったけ?」と、全くもってのんきな聴き方でした。フライシャーさんのピアノ演奏の印象がほとんどありません。駄目ですね。

この人のモーツァルトは聴いてみだいですね。


HMVのマルチバイ、アマゾンの当日配達……、どの業者もサービス合戦ですね。我々には好都合で、しかし逆にCDを買いすぎることもありますな~。

No title * by 天ぬき
バルビさん、おはようございます

フライシャーをお聴きになったのですか!
沢山のライブをお聴きになってきたのですね。

私も一時期は演奏会通いをしていたのですが、印象に残っているものは僅かです。たぶん演奏についていけなかったのかと思っています。

CDは安易に手に入る時代になりましたが、聴き方も安易になってきてしまって反省している昨今です(^^ゞ

モーツァルト 弦楽五重奏曲ハ長調K515

モーツァルト 弦楽五重奏曲ハ長調K515

モーツァルトの弦楽五重奏曲ハ長調K515です。モーツァルトの弦楽四重奏曲ももちろん好きですが、それ以上に好きなのが弦楽五重奏曲で聴いたのもこちらのほうが早かったです。毎度同じようなことを言ってしまいますがこの曲もFM放送で初めて聴きました。あの頃、つまり昭和40年代はFM、特にNHKはクラッシックファンにとっては一番いい時代だったような気がします。毎日のように、それも朝から晩までクラッシック音楽が放送さ...

... 続きを読む

No title * by バルビ
こんばんは。

私はこの曲は、ブダペストの全集LPを昔から所有していて何度か聴いたんですが、どうもベートーヴェン全集同様、ブダペストとは相性が合わないのか、ぎすぎすとしてきこえ、手放してしまい、いま棚にあるのは、グリュミオーがヴァイオリンを弾いているフィリップスの全集です。

これは、音質もなめらかで聴きやすく、何度も聴いています。五重奏曲はどれも佳いですが、私もこのハ長調が一番好きですよ。

No title * by 天ぬき
バルビさん、おはようございます

エアチェックして聴いたブダペストのは結局は買いませんでした。
当時全盛だったスメタナのを買いました。

グリュミオーのは未聴ですが、K563のトリオやデュオは愛聴しております
グリュミオーらしい美演が想像できます(^^

バリリ! * by crest
私はスメタナ四重奏団だけ(^。^/)、デンオンのPCM録音とかのLP盤です。どうしてもト短調の方を先に思い浮かべますが・・・小林秀雄の評論を読んでいたからか・・・、しかし、ハ長調も雄大でいいですね。
バリリのをお持ちとは! ウエストミンスターですね。CD復刻版が出た
はずですね、入手すべきだったかな。

No title * by 天ぬき
crestさん、こんにちは♪

スメタナはLPで買いましたが手放してしましCDで買い直しました。
録音を考慮すると、これが一番いいかもしれませんね。

ト短調のほうがインパクトはありますが、繰り返し聴くにはハ長調のほうがいいと思っています(^^

モーツァルト ピアノ協奏曲第21番ハ長調K467

モーツァルト ピアノ協奏曲第21番ハ長調K467

ラサールの激辛のベートーヴェンの後は口直しを兼ねてモーツァルトのピアノ協奏曲を(^^モーツァルトのピアノ協奏曲というと最初の頃は20番台、特に短調の作品を中心に聴いていたのですが、ある時から10番台を聴くことが多くなりました。内容的には20番台のほうなのでしょうがオペラブッファをそのままピアノ協奏曲にしたような、オペラの一場面を協奏曲に書き換えたような、そんな10番台の楽しさはまた格別なものがあります。とこ...

... 続きを読む

コンサートホール * by yokochan
こんばんは。
モーツァルトのピアノ協奏曲は、私はワルター弾き語りの20番から入りました。
そこから、おっしゃるように後の番号へ、そして遡って8番くらいまで。

グルダとアバドの20・21番は、高校のとき、20番が聴きたくて購入しましたが、想いに反して21番の方がアバドとウィーンのファンとしては、明るく美しい演奏に感じて大いに気にいりました。
でも、長じて他曲も聴き込むうちに、21番は聴かなくなりましたね。
理由はあまりありませんが、どうも美しすぎる2楽章に違和感が・・・。

グルダのピアノは、こういう曲はほんとうに、転がるようでいいですね。
コンサートホールの会員でしたが、これと皇帝は、購入しませんでした。
記事を拝見したら、気になってきましたよ(笑)

21番、良く聞きますよ(^O^) * by サヴァリッシュ
おはようございます。お久しぶりです。
初めてこの曲に触れたとき、『何て美しい曲なんだろう』と溜息が出て以来、この曲は大好きです。もちろん、モーツアルトのピアノ協奏曲に嫌いなものはありませんが(笑)

実はグルダのこの曲の演奏まで手が回らないので聞いたことがありませんが、私はクリスティアン・ツァハリアスやシュテファン・ヴラダーの演奏を愛聴しています。そろそろ取り上げねば、と思いますf^_^;

No title * by 天ぬき
yokochanさん、おはようございます

私はハスキルの20番と24番を組み合わせたLPからモーツァルトのピアノ協奏曲に入門しました。
この21番を初めて聴いた時には陶然としたものですが暫く経つと・・・
この曲に限らずとっつき良い曲は飽きもきやすいですね。

私もコンサートホールの会員でしたが余り買いません、いや買えませんでした。今手元にあるのはW・ゲール指揮の「展覧会の絵」だけです

No title * by 天ぬき
サヴァリッシュさん、おはようございます

私が最初に聴いたのはバレンボイム/イギリス室内管による演奏です。片面には27番が収められていて愛聴盤の一枚。LPの大半は手放してしまったのですが、これは残してあります。

ツァハリアス、ヴラダーのものは未聴です。
ヴラダーのソナタは録音もよくて愛聴盤の一枚です
特に「デュポールの主題による変奏曲」が気にいってます。

サヴァリッシュさんの詳細極まる記事を期待しています(^^

モーツァルト ピアノ協奏曲第22番変ホ長調K482

モーツァルト ピアノ協奏曲第22番変ホ長調K482

モーツァルトのピアノ協奏曲は大好きなジャンルなのですが今日の22番はちょっと苦手にしております。別に嫌いというのではないのですが他の曲に比べて重苦しく感じてしまうのです。映画の「アマデウス」にも使われたこの曲、ブログ等をながめていると高い評価だし自分の耳が悪いんだなと思っていました。そんな思いを改めさせてくれたのがカサドゥシュ/セルによる演奏でした。この曲の冒頭の厳粛ともいえる交響的な重々し響き、こ...

... 続きを読む

オマケをありがとうございます(^o^) * by narkejp
この演奏、いいですね~。LPの時代からのおなじみなのですが、何度くりかえして聴いても、そのたびに無条件に幸せになれます(^o^)/
セルとクリーヴランド管の録音が、次々にパブリックドメインになっていく時代、ありがたいような寂しいような、複雑な心境です(^o^;)>poripori

No title * by 天ぬき
narkejpさん、こんにちは

セルといえばnarkejpさん!
やっぱり聴いておりましたね
私はLPでは無論聴いていなくてCDを最近購入して聴いたばかりでした。ピアノの美しさは勿論ですがオケのすっきりしていながら充実した響きが素晴らしいと思いました

コメント、そしてTBをいただき
ありがとうございました

No title * by バルビ
おはようございます。

セルとカサドシュのこのLPはいいですね。26番も、27番も、このコンピの演奏は、すっきりしていて、爽快感があって、好きです。素晴らしい。!

一方、バレンボイムの22番も佳いです。変幻自在の演奏。これも素晴らしい。!


No title * by 天ぬき
バルビさん、おはようございます

このコンビのモーツァルトはいいですね
セルの透明感のある充実したオケをバックに
カサドゥシュのピアノが快く響きます
22番の良さを遅まきながら分かった気がします
バレンボイムのものも改めて聴いてみたと思いました

コメント、ありがとうございました

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。