スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリーク ピアノ協奏曲イ短調作品16

2月も今日で終わり。FMでは定時番組を中断してチリ地震による津波警報が放送されています。大事に至らなければいいのですが。

さて、私が音楽ブログというものに始めて出会ったのはmozart1889さんのブログでした。残念ながら現在は更新はされていませんが当時はあの「クラッシック音楽のひとりごと」を見て一日が始まったといってもいいくらいに楽しみにしていたし、楽しませていただきました。そのmozart1889さんから私がブログを始めた時にコメントをいただきました。あの時は嬉しかったですね、憧れてましたら。mozart1889さん再開してくれないでしょうかね。。。
ところであちこちブログを拝見していると凄い方は沢山いるもので、本当に音楽が好きなんだなと感嘆してしまう方が沢山います。とにかく音楽への打ち込み方が違う、勿論音盤の保有している数も半端だはありません。こういう方がたを見ていると私なんぞがやっていていいもんかなんて思ってしまします。

さて、今日はグリークのピアノ協奏曲です。この曲はクラッシック入門曲の一つでもありご多分に漏れず私も若い時には頻繁に聴いていましたがいろんな曲を知るにつれ疎遠になってしまいました。持っているのもLPはアラウ/ドホナーニの一枚、そしてCDはルイサダ盤の一枚だけです。今日は若い頃によく聴いたアラウ盤を聴きました。これ、だいぶ以前に購入したのですが聴いていませんでした(^^ゞ


ARGr.jpg

後年のアラウとは違って若々しい、当たり前ですが。遅めなテンポは同じなのですが壮年の覇気のようなもの感じられまっすぐでダイナミックで力強いピアノ、迫力十分で素晴らしい。第2楽章は後年を思わせる柔らかくて叙情的な歌を披露。第3楽章になるとより遅いテンポでじっくりと弾き込んでいく感じでこれはもう巨匠のピアノ、風格があって自在のピアノを展開、スケール感豊かにクライマックスに持って行くダイナミズムはさすがアラウでしょうか。この頃はアラウというとあまり高い評価がなされていなかったと記憶していますがこれは十分に名人のピアノと思いました。

演奏とは関係ありませんが、この味気のないジャケットは何とかならないものか?LPのジャケと比較しても仕方ないのですが。。。1000円もしない価格で購入いたので文句は言えないけど、なんだかな~

gri.jpg


録音は1963年。半世紀近く前の録音なのでレンジが狭いのはいたしかたないところ。スピーカーの中央に脚が地に付いていない感じで、やや大きめの音像でピアノが定位。バックのオケはやや歪み感があるも広がり、奥行きともまずまず。スピーカーの間に音が埋まる感じで情報量に不足無く生気のある音。優れた録音とはいえなくても鑑賞には何の痛痒も感じさせないもの。録音技術というかセンスの問題なのか、最近の録音でもこれより楽しく聴けない録音が結構あると思えるのですが。。。88点

クラウディオ・アラウ(ピアノ)
クリスト・フォン・ドホナーニ指揮
アムステルダム・コンセルトヘボゥ管弦楽団


スポンサーサイト
プロフィール

pigumoncocco

Author:pigumoncocco
月に数回ですが更新しようと再開しました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。