スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨハン・シュトラウス「皇帝円舞曲」

クラッシック音楽を聴き始めてからもう40数年になります。年数は聴いていますがレパートリーは広がるどころか少なくなってきたように思います。最近は根気もなくなってきたので未知の大曲を聴くということは難しくなってきたようです。
さて、私は音楽とは無縁の商家に生まれました。当時うちにあったレコード、SPが多かったのですが殆どが歌謡曲で三橋美智也、春日八郎、美空ひばりなどを聞くともなしに聴いていました。そんな歌謡曲に混ざって1枚だけあったのがヨハン・シュトラウスのLPでした。演奏はブルーノ・ワルター指揮/コロムビア交響楽団のものでOL-101というモノラル盤でした。



js10.jpg


これを当時の電蓄で聴いたのがクラッシックへの始まりでした。このLPの最初には「皇帝円舞曲」が収められていたのですが、これがいたく気に入り、それこそ毎日のように聴いていた記憶があります。そして少したって両面を聴くようになってからはどれもこれも素晴らしい音楽、なにか別世界のような優雅な音楽に引き込まれていきました。
そういう訳でヨハン・シュトラウスが私の原点、なかでも「皇帝円舞曲」こそが原点のなかの原点ということになります。
今日はその「皇帝円舞曲」をワルターのではなくて同時代の巨匠のフルトヴェングラー指揮/ウィーンフィルの演奏で聴いてみました。


as.jpg

最初に聴くときにはフルトヴェングラーとシュトラウスはミスマッチなのではと思ったものでしたが、これが実にいいのです。曲自体がシュトラウスとしては威厳があって格調高いもののせいか全く違和感がありません。それどころかフルトヴェングラーの重厚さとウィーンフィルの典雅な響きがうまくミックスされてか実に堂々とした壮麗で美しい演奏を繰り広げています。もしかするとさすがのフルトヴェングラーもウィンナワルツではウィーンフィルにほとんど任せたのかもしれない、そんなこと思わせる演奏でした。

録音は1950年のモノラル。フルトヴェングラーの音盤を沢山聴いているわけではありませんが、自分が聴いた範囲では上の部の録音です。混泥感がなくすっきりとした響きで我慢不要で?鑑賞できます


ウィルヘルム・フルトヴェングラー指揮
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団


スポンサーサイト
プロフィール

pigumoncocco

Author:pigumoncocco
月に数回ですが更新しようと再開しました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。