FC2ブログ

明日は晴れかな曇りかな

「蓼食う虫も好き好き」  There is no accounting for tastes

TOP > 歌劇

マスカーニ「カヴァレリアナ・ルスティカーナ」

マスカーニ「カヴァレリアナ・ルスティカーナ」

今日は珍しくオペラです。オペラは嫌いではありませんが大ファンというほどでもありません。聴くのはモーツァルトとかヴェルディ、それにR・シュトラウスを少しといったところが主でワーグナーは長くて二の足を踏んでしまいます(^^ゞ最初に聴いたオペラはショルティの「魔笛」、20代半ばでオペラに接したのも遅かったわけです。オペラなど知らなかった大学時代、特に音楽が好きでもないのにオペラには結構詳しいやつがいたので...

... 続きを読む

NO TITLE * by バルビ
こんにちは。

今日は休日で、一日音楽三昧を楽しもうと思います。天ぬきさんがお書きになっていることの影響もあってか、私も最近はモーツァルト、ベートーヴェン、ハイドンなどを聴くことが多くなりました。さて、今日はどのディスクをかけようかな。

最近はまっているのは、チェリビダッケの指揮芸術です。それも、ミュンヘンPO時代の演奏がいいです。私は。


イタリアオペラ。
NHKで何度か「伝説のイタリアオペラ」と題してテレビ放送があったようですね。私もマスカーニのこの作品やレオンカヴァルロの道化師など、時々聴きたく(見たく)なりますね。

伝説のイタリアオペラでは、私の場合は何と言っても、マリオ・デル・モナコの道化師ですね。NHKでかつて放映された時、これは白黒の映像にもかかわらず、その歌唱と演技に、本当に感動しました。

今日は、思い出の演奏を思い出させていただき、ありがとうございます。

NO TITLE * by 天ぬき
バルビさま、こんにちは。

一日音楽三昧とはいいですね。

チェリビダッケはあまり聴いておりません
未踏の巨峰でしょうか

オペラは余り聴かないのですが
やっぱりいいものです。

拙ブログが少しでもお役にたっているとしたら
大変嬉しいことです。
今後ともよろしくお願いします

シミオナート * by yokochan
こんにちは。ご無沙汰してました。

こちらの記事の5ヶ月後、シミオナートが大往生を遂げてしまいましたね。

歌手は現役を退いてから、時間を経て亡くなるものですから、その訃報に接すると、過去の思い出などが、思わぬかたちで迫ってきて、とても寂しい思いになるんですね。

シミオナートは66年に引退してましたから、私は現役時代を知りませんでしたが、こちらのNHKイタリアオペラ団が、音楽ファンに与えた影響はとても大きかったのですよね。
私も最初のイタリアオペラ公演が、初オペラでした。

こちらの音源や当時のものは、いまのスマートでうまい歌手やオケからしたら、少し過去系ですが、その味わいは何十倍も素晴らしいものに思います。

NO TITLE * by 天ぬき
yokochanさん、こんにちは

おっしゃる通りで、特に私のようにオペラに疎い人間にとっては
訃報でその存在を再認識することになってしまいます

このCDと「オテロ」は記念の意味もあって買ったものですが
聴いてみると演奏様式にしても音にしても
古き佳き時代を思い出させてくれる得難いものかと思いました

コメント、ありがとうございました

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。