FC2ブログ

明日は晴れかな曇りかな

「蓼食う虫も好き好き」  There is no accounting for tastes

TOP > ドヴォルザーク

ドヴォルザーク交響曲第9番ホ短調作品95「新世界より」

ドヴォルザーク交響曲第9番ホ短調作品95「新世界より」

先日アップしたモントゥーのブラームス、そのWEEKENDシリーズのイラストが反響を呼んだようです(笑yokochanさんからもドヴォルザークの「新世界」の人を食ったようななイラストへのコメントがありました。そこで今日は予定を変更してこの「新世界」を取り上げてみました。これがWEEKENDシリーズ。自由の女神とドヴォルザークをドッキングさせている秀逸なものです(笑こちらは後日買い直した国内盤ですそしてその昔新宿のトガワと...

... 続きを読む

NO TITLE * by バルビ
こんばんは。

新世界よりは、私もほとんど聴かなくなってしいました。ドヴォルザークなら、8番や7番、5番などの方が聴く気がおこりますかね。

でも、久しぶりに聴くには、新世界よりだって良いですよ。通俗名曲だ何だなんていうことは、誰かさんに言わせておけば良いことで、こちとらは、音楽が楽しめればいいんですからね。

私の所有は2枚。
フリッチャイ+ベルリンPOのまさに豪快な演奏。そして、このご紹介のケルテス盤です。これは非常に彫りの深い演奏で、本当に素晴らしいです。録音もおっしゃる通りで、初期盤は非常に高価な値段がつきましたね。(つきますね。)

このジャケットを見るだけで、あの素晴らしい音がよみがえってくるようです。

録音評に共感します! * by さすらい人
本当に(CDで聴いても)良い録音ですね!勿論演奏も素晴らしいのですが…。
昔、3年間転勤で赴任していた某県庁所在地に2度オーケストラが来訪したのですが、どちらもメインが『新世界』でした。

聴き飽きた曲の筈でしたが、最近なぜか再び聴くようになりました。
多くの演奏から、これまで聴き逃していた新しいことが発見できるように思います。

NO TITLE * by 天ぬき
バルビさん、こんにちは

新世界、久しぶりに聴きました
やっぱり良い曲ですね

この曲、他にはトスカニーニとライナーの二枚だけなので
クーベリック盤は未聴です
ベルリン・フィルとは違うオケでは聴いた記憶があります・・・

これさえあれば他には要らない
そういう言い方は?ですが
ケルテスのには使いたくなってしまいそうです(^^ゞ

NO TITLE * by 天ぬき
さすらい人さん、こんにちは。

当時のアンサンブル型のステレオで聴いても良い音と思いましたが
今回聴き直して改めて録音の優秀さに驚きました。

こういう曲はさんざん聴いたせいか、おざなりになりがちですが
やはり名曲、じっくり聴けました。


ドヴォルザーク 弦楽四重奏曲第12番へ長調「アメリカ」

ドヴォルザーク 弦楽四重奏曲第12番へ長調「アメリカ」

今日はウィーン・コンツェルトハウス四重奏団によるドヴォルザークの「アメリカ」です。このCDはいつもコメントをいただくrudolf2006さまから教えていただきました。この演奏は前から欲しいと思っていたもので早速注文しました。クラッシック音楽を聴き始めてまだ日が浅い頃、高校生の頃だったか、知り合いにコロムビアレコードに勤めていた人がいて、時折テスト盤をもらっていました。その中に白いレーベルに「ドヴォルザークの...

... 続きを読む

NO TITLE * by バルビ
こんばんは。

ドヴォルザークの「アメリカ」は、ご馳走ですね。「新世界より」などよりも、私は「アメリカ」や「ドゥムキー」「ピアノ五重奏曲」などの方が好きです。

私の所有は、スメタナSQの日本公演のLPです。ライブですから、緊張感を伴った颯爽とした演奏で、素敵です。

ウィーンコンツェルトハウスSQの、この演奏は知りませんでした。しかもステレオですね。

私は印象として、どうしてもこの団体はモーツァルトやベートーヴェンなどの、モノーラルのLPの印象が強く、しかもステレオのドヴォルザークがあるとは全く知りませんでした。

面白そうですね。
ドイツ・オーストリア系の団体がチェコの音楽を奏でる、また反対に東欧の団体がドイツ・オーストリア系の音楽を奏でると、面白いことが時におこりますからね。

NO TITLE * by 天ぬき
バルビさん、こんばんは

わたくしも交響曲よりは室内楽が好みです

スメタナの神戸ライブですが、私も持ってます
今の好みでいうとウィーンコンツェルトハウスです

この演奏がCDで発売されているとは全く知りませんでした
rudolf2006さまに感謝です

録音も良くてお薦めしたい一枚です(^^

ドヴォルザーク 交響曲第8番ト長調作品88

ドヴォルザーク 交響曲第8番ト長調作品88

ブログを始めて半年以上になるのですが交響曲を取り上げた回数は少ないです。ブルックナー8番などは大好きなのですが、こういう曲を取り上げるには何かためらってしまうものがあるのです。ボチボチ聴いておこうかと思ってます。で、今日は小沢征爾によるドヴォルザークの交響曲第8番にしました。小沢のCDは数える程しか持っていません。別に小沢が嫌いとかそういう訳でもないのですがホント少ないです。考えてみれば小沢のレパ...

... 続きを読む

NO TITLE * by バルビ
こんばんは。

私も小澤さんのディスクはLP2枚しか所有していません。ビゼーのシンフォニーと幻想交響曲です。

私もどちらかといえばドイツ音楽が好きです。小澤さんが嫌いというのではではなく、ドイツ音楽なら、他にも大勢の優秀な指揮者がいるので、結果としてそちらの方に選択の目がいってしまっていたということでしょうか。

彼の佳いディスクがあるとして、それを聴かずにみすごしていたら、それはそれで勿体ないことかなとも思います。

我が片田舎の群馬でも、小澤さんの指揮を4度経験することができました。群響定期にも登場し、チャイコフスキーの第5シンフォニーなどを聴きました。素晴らしい演奏でした。

この時は、第1ヴァイオリンの若い奏者が泣きながら演奏したのを目撃し、更に感動の度合いが高まったのを覚えています。何しろ売り出し中の小澤さんでしたからね。


また地元での生体験の自慢話みたいになってしまいました。すみません。

NO TITLE * by 天ぬき
バルビさま、おはようございます。

夜はあまりパソコンは開かないので
返事がいつも翌日になってしまします
すいません

私もドイツ音楽、それも古典が好きなので小沢氏と縁が薄いようです

いつも思うのですがバルビさまは音楽環境の良いところにお住まいですね
私の住んでいるところにオーケストラが来たことはありません^_^;

いつも貴重な体験をありがとうございます
また、色々とお願いします