FC2ブログ

明日は晴れかな曇りかな

「蓼食う虫も好き好き」  There is no accounting for tastes

TOP > ヴィオッティ

ヴィオッティ ヴァイオリン第22番イ短調

ヴィオッティ ヴァイオリン第22番イ短調

先日、いつもお世話になっているバルビさんが故五味康佑のことに触れていました。私も五味氏のファン、小説ではなくてオーディオや音楽関係のほう、結構氏の書き物は読みました。そこで知った音楽家にはローラ・ボベスコやサヴァティーニ等がいましたし、曲ではフランクのヴァイオリン・ソナタ、そして今日取り上げたヴィオッティのヴァイオリン協奏曲も五味氏の本で知った、そんな一つでした。氏はこのピーター・リバーの演奏する...

... 続きを読む

NO TITLE * by バルビ
こんばんは。

この曲を知った経緯が、私とそっくりですね。もっとも私はボベスコもリバールも所有しておらず、グリュミオーの盤を繰り返して聴くのみですが。

この曲、出だしからして、あの哀愁を帯びたメロディーが心にしみてきます。私の所有は例によってLPですが、他同様、ヴァイオリンの曲は、私の装置ではLPの方が柔らかく、非常に聴きやすいです。

五味氏の書物は私も繰り返して読みました。タンノイオートグラフを手に入れるまでの話、ご自身が事故を起こしたときにかけたモーツァルトのレクイエムの話、……等々、臨場感溢れるその文に随分と引き込まれました。

NO TITLE * by 天ぬき
バルビさま、おはようございます

いつもいつもコメントいただき感謝です

私も五味氏の大ファンでして麻雀や手相の本まで買ってしまいました
作家だけあって文章がうまかった、当たり前ですが。

私は横着者なのでLPの大半は処分してしまいました
後悔もしましたが、CDの簡便さになれてしまったので
持っていても聴いているかどうか・・・??

また五味氏関連の曲を取り上げることが
あるかもしれません
その時もよろしくお願いします。

美しいロマンの香が・・・ * by crest
こんにちは。これはいい曲ですね。古典の時代だけれども、
ロマンの香が非常に美しい。
ヴァイオリン演奏はボベスコのものですが、TBさせてもらいます。

NO TITLE * by 天ぬき
crestさま、こんにちは
いつもお世話になります。

おっしゃる通りロマンの香り高い名曲ですね。
演奏会ではあまり演奏されないようですが
もったいないですね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。