スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショパン スケルツォ第2番変ロ短調作品31

kissin.jpg最近ワンちゃんの世話で何かと忙しい。また音楽聴くよりもワンちゃんと遊んでいるほうが楽しくなってしまいました。じゃれている姿を見ていると頭の中で鳴り出すのが「子犬のワルツ」(^^ゞ そこでショパンをと思ったのですが。。。
正直言うとショパンをすっかり聴かなくなってしまいました。勿論嫌いではないし聴けばその美しい音楽に魅了されます。でも進んで聴く気にはあまりなれなくなりました。また長く聴けない、ワルツ集などを聴き始めても数曲きけばもういいやと思ってしまうそうんな厄介な?作曲家なのです。まあワルツを数曲という訳にもおきませんのでスケルツォの2番を取り上げてみました。あんまり変わらないかな (^^ゞ 

演奏はE・キーシン、1993年、カーネーギーホールでのライブ。私にとって始めて聴いたキーシンのCDでした。まあ、なんという見事な演奏なことでしょうか。キーシンの音は粒立ちがよくて、それでいて硬質にはならない温かみのある豊かな美音。輝かしい高音から十分に鳴り響く低音まで良く鳴るピアノ。個性で聴かせるのではない純粋なピアニズムによる高度な意味でのオーソドックスなもので曲の良さを浮き上がらせてくれるような名演。美しい旋律と劇的効果が嫌みなくバランスしていてスケール感にも不足しない実に後味が良くて、趣味の良いショパン。こういうの、好きです。

録音はライブとは思えないもの、スピーカの中央のやや奥に定位するキーシンによる実にピアノらしい音を聴くことができます。拍手入り  94点
スポンサーサイト
プロフィール

pigumoncocco

Author:pigumoncocco
月に数回ですが更新しようと再開しました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。