FC2ブログ

明日は晴れかな曇りかな

「蓼食う虫も好き好き」  There is no accounting for tastes

TOP > 女性ヴォーカル

山崎ハコ ベスト・セレクション

山崎ハコ ベスト・セレクション

昔FM放送が隆盛のころクラッシックに限らずポップス系の番組もよく聴いていました。ある番組、どんな番組で誰が出演していたかも忘れましたが、暗い歌を話題にしていました。あれこれと話しをしていたのですが覚えているのが「部屋を暗くして聴くのが中島みゆきなら、部屋を真っ暗にして聴くのは山崎ハコ」というところでした。山崎ハコという歌手については余り知らないし、知ろうと思うほどファンでもないのですがCDは何故か...

... 続きを読む

懐かしい  コニー・フランシス

懐かしい  コニー・フランシス

音楽というものを意識して聴くようになったのはいくつくらいになった頃だったろうか?小学校になってからだったか?時期に関してよく覚えていないのですが聴いた覚えのあるのは「お富さん」「別れの一本杉」「哀愁列車」「越後獅子」「ウスクダラ」「月がとっても青いから」「風速40メーtル」なんてのを聞いたような?江利ちえみを除いてはいわゆる歌謡曲で外国のポップス類を聞いたのはその後だったように覚えてます。そのポッ...

... 続きを読む

コニーさん * by yokochan
おはようございます。
これまた懐かしい名前ですこと!

私の子供時代の和製ポップスは、黛ジュンや弘田美枝子、伊藤さゆり、山本リンダなどを思い起こしますが、女性ばかりなんですね(笑)
男子は、グループサウンズの時代でしたし。

コニー・フランシスといえば、なぜかAM放送のイメージです。
抜群の歌唱力が記憶に残ります。
天ぬきさんが、ときおりとりあげる、このあたりはとても懐かしく、そしてちょっとお兄さん世代を仰ぎみていた記憶がよみがえり、うれしいです。

NO TITLE * by 天ぬき
yokochanさん、おはようございます

わたくしが聴いたポップス関係はすべてAM放送でした
後年はテレビ、FM以前の時代でした

他にはカテリーナ・ヴァレンテ、ニール・セダカの名前も。。。
昔は良かったなんて言ったらおしまいだそうですが
でも、口にでちゃいます
昔は良かったな~(^。^)

BALLADS & BURTON

BALLADS & BURTON

最近ブログでお友達になっていただいたあなろぐふぁん様、ジャズもお好きなので色々と紹介されています。その中にあったのがアン・バートンのアルバム。これを見たら久しぶりに聴きたくなりました。これはボーカル物では愛聴盤の一枚なですがアン・バートンの音源はこれ一枚しか持っていません。普通は気に入れば他のアルバムも買い求めるのですが何故かこれ一枚で完結してしまいました。自分的にはこれ以上のものは無いし必要ない...

... 続きを読む

NO TITLE * by あなろぐふぁん
中々TBが上手くいきませんので、今日は諦めてまた挑戦してみます。

>自分的にはこれ以上のものは無いし必要ないと思ってしまったのかもしれませんね・・
そういう考えもあるんですねー!
凡人はついついあれこれ手を出してしまいます(笑)

>瀬川冬樹氏がテスト用によく使っていた・・
そうでしたねー♪
氏がこれを海外盤で聴いたときに若々しい声に驚き、『今までの声はまるでババートンだったのではないか!』と書いていた記事は印象に残っています。

>ヴォーカルとバックのトリオとのバランスが取れていて実に自然・・
ベースもいいですが、私はバンダイクの透明なピアノも好きです♪


NO TITLE * by 天ぬき
あなろぐふぁんさん、どうもです(^^)

昔から掘り下げていくのが探求心に欠如していて
マニアから程遠い人間です

瀬川氏のその言葉は記憶にありません
さすが瀬川氏の言葉ですね

このアルバムはホントいいですね
コメント、ありがとうございました♪

ジュリー・ロンドンを聴く

ジュリー・ロンドンを聴く

先日、久しぶりに東京まで買い物に出ました。どうも田舎でのワンちゃんとの暮らしが心地よくてすっかり出不精になってしまったようです。買い物の前に食事、せっかくなのでお気に入りのお蕎麦屋さんに足を運びました。田端にある「玄庵 昌」です。以前は案内本を参考にあちこちのお蕎麦屋さんを回っていた時期もあったのですが、自然と自分に合った蕎麦屋しか行かなくなりました。  「玄庵 昌」はそのうちの一つです。ビールで...

... 続きを読む

リンダ・ロンシュタット 「ホワッツ・ニュー」

リンダ・ロンシュタット 「ホワッツ・ニュー」

今日は懐かしの女性ヴォーカル。これはCDの黎明期の頃に購入しました。この頃はCDがリリースされる絶対量が少なくて、クラッシックだけではなくて、ジャズも含めたあらゆるジャンルでCD化されたものは希少価値があって、高い価格にもかかわらずに我れ先にと購入していた時代でもありました。同じアルバムをLPでも持っていてもCDで聴きたいという欲求に負けて購入したものです。因みにこれは3800円でした。いまならち...

... 続きを読む

リンダ・ロンシュタット * by narkejp
ああ、これは素敵なCDでしたね。What's New のはじまりが、いかにも粋でした。たしか、当時は通勤の音楽がカセットテープの時代でしたので、カセットテープにダビングして聴いていました。そんなことも思い出します。

NO TITLE * by 天ぬき
narkejpさま、おはようございます。

これは最初に音が出てきた瞬間に趣味のよい音楽が始まるという感じでした。
私は自営なので仕事場で何度も聴いていました。
いま聴き直すと、まさに郷愁を感じさせてくれました。

コメント、ありがとうございました。

NO TITLE * by yokochan
こちらにも失礼します。

リンダ・ロンシュタット、懐かしい~。
私も、この1曲がすぐに耳に浮かびます。ええです。
リンダというと、ローラースケート穿いた元気なLA&カントリー娘のイメージが強かったのに、この1枚でまた違う姿を見せてくれました。
いいですこれ!

NO TITLE * by 天ぬき
yokochanさま
こちらにもコメント、ありがとうございます。

リンダのCDはこのシリーズの3枚以外は持っていません(^^ゞ
ブランデーでも舐めながら秋の夜長に聴くのもいいものです

これ、ホントにいいですね!

TB成功でーす! * by あなろぐふぁん
【この記事へのTB】欄をご覧あれ!

拙blogの記事が顔を出しておりまする!

タイトルの【遂にGET!】をクリックするとすっ飛んで行きますよー!

拙の方はyahooですがこちらは違うので上手く出来るか心配でしたがなんとかOKでしたー♪

NO TITLE * by 天ぬき
あなろぐふぁん様

TB、ありがとうございます
私も勉強せねばいけませんね

こちらにも、お越しいただき感謝です
今後とも宜しくお願いします