FC2ブログ

明日は晴れかな曇りかな

「蓼食う虫も好き好き」  There is no accounting for tastes

TOP > フランク

フランク ヴァイオリン・ソナタ イ長調

フランク ヴァイオリン・ソナタ イ長調

ヴァイオリン・ソナタで好きなのはまずモーツァルトにブラームス、その次にフランク、フォーレ、少し間をおいてベートーヴェンでしょうか。今日はフランクのソナタをオイストラフとリヒテルによるライブ演奏を選びました。オイストラフは共演者には同世代であったオボーリンとかヤンポリスキーが多くて7歳年下のリヒテルとは共演が少なかったようです。自分が知ってる範囲ではバルトーク、ブラームス、プロコフィエフのソナタ、そ...

... 続きを読む

お早うございます~ * by rudolf2006
天ぬきさま お早うございます~

ブログ、いつも楽しく拝見しております。
コメントは久しぶりですが~。

フランクの「ヴァイオリン・ソナタ」
やはり名曲ですね、私はこの曲を聴くのは久し振りだったんです。
それに、CDも他には持っていなかったかもしれません。

リヒテルの色々なCD、オイストラフのコンチェルトのCDは別々に持っているのですが、
二人の協演盤はほとんど持っていません。
一度聴いてみたいなと思っております。
ミ(`w´彡)

NO TITLE * by 天ぬき
rudolf2006さま、おはようございます

フランクのソナタ、好きなんです
枚数はたくさん持っていませんが・・・

音を考慮するとカントロフ
語りかけてくるようなボベスコ
そして、スケールの大きなオイストラフ
この3枚を聴くことが多いです

有名なティボーは音的にちょっと、です(^^ゞ

コメント、ありがとうございました

NO TITLE * by ハルコウ
天ぬきさん、こんばんは。早速まいりました。
この盤も既に取り上げていらっしゃったのですね。私のところでは2回も記事にしてしまいました。

この演奏、フランクに関してはオイストラフとリヒテルの意見が合わず、オイストラフはこの曲をサロン音楽と解し、リヒテルは(フランクorヴァイオリン・ソナタの)最高傑作と考えたのだというコメントをいただきましたが、そう思って聴くと、どこか楽天的なオイストラフと内省的なリヒテルということが言えそうです。

ただし、オイストラフは全盛期の艶が失われつつあるので、少し枯れた音色となっており、そのせいでリヒテルとのバランスが取れて良かったとは思いますが。

このコンビの演奏は'70年のライヴをDVDでも観ることができますが、お爺さんが昔物語を孫に語るような、非常に味わいのある演奏でした。

NO TITLE * by 天ぬき
ハルコウさん、おはようございます

貴重なお話、ありがとうございます
なるほど~
両者では曲に対する見解がまるで違っていたわけですか。。。
私は年上のオイストラフに遠慮してるのかと思ってました(^^ゞ

また教えてください
コメント、TB、ありがとうございました

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。