FC2ブログ

明日は晴れかな曇りかな

「蓼食う虫も好き好き」  There is no accounting for tastes

TOP > 私のチェックCD

パーカッションの饗宴

パーカッションの饗宴

前回のバレンボイムの幻想交響曲はちょっと消化不良のような感じでした。でも続いて同じ曲を聴く気力はありませんので、同曲の4楽章「断頭台への行進」だけをとびきりの録音で聴いてみました。聴いたといってもパーカッションによる編曲版です。演奏しているのはザ・オールスター・パーカッション・アンサンブルというグループです。これは常設の団体ではなくてアメリカ東部のオーケストラ、ニューヨークフィル、ボストン交響楽団...

... 続きを読む

クレマン・ジャヌカン 「鳥の歌」

クレマン・ジャヌカン 「鳥の歌」

クレマン・ジャヌカンという名前を知ったのはレコ芸誌での皆川達夫氏の紹介記事と記憶しています。誌上でそのLPを大推薦、これを全部買い占めたい、違うかもしれませんがそんなようなことを書いていました。そこまで絶賛するならと買ったのがこのLPでした。このLPはそれなりに面白かったのですが、熱心に聴くというまでには至らずいつしかラックの中で眠ることになりました。次にジャヌカンの名前を聞いたのは故長岡鉄男氏が別冊FM...

... 続きを読む

どこかで見たような… * by さすらい人
見覚えのあるジャケットだと思ってCD棚を探すと、在りました!
10数年前に、CDショップのワゴンセールで買ったものなのですが、中の解説が抜けていて、何が何だかわからないままに現在に至っております。
ネットで曲名を探し当てたうえで、拝聴することにします!

No title * by 天ぬき
さすらい人さん、おはようございます

ワゴンセールでゲットとはラッキーでしたね
私は4000円近い価格で買いました(^_^;)

一枚を通して聴くことはないのですが
オーディオの調整もかねて数曲を聴いています
とにかく録音が素晴らしいです(^^


No title * by ハルコウ
1枚目の写真は、ラヴィエ指揮フランス・ポリフォニック・アンサンブルのLPでしょうか。
実は、皆川達夫先生にはご指導いただいたことがあります。でも、これは持っていません(笑)

それにしても、長岡鉄男さん宅で聴いたことがあるなんて、ビックリです。天ぬきさん、あなたはいったい何者なのでしょう?

No title * by 天ぬき
ハルコウさん、おはようございます

>1枚目の写真は、ラヴィエ指揮フランス・ポリフォニック・アンサンブルのLPでしょうか。

その通りです。
さすがハルコウさん、なんでもご存知ですね!!

ハルコウさんが持っていないということは
皆川氏が買い占めてしまったのでしょうか?(笑

>実は、皆川達夫先生にはご指導いただいたことがあります

う~む・・・・
ハルコウさん
あなたは一体何者なのでしょう? (^^ゞ

井上陽水 「センチメンタル」

井上陽水 「センチメンタル」

井上陽水の第二作目のアルバム「センチメンタル」。このアルバムはその題名の通り女々しくもセンチメンタルな曲が並んでいます。通して聴くと、いささか単調なのですが一曲一曲は陽水らしい佳曲が収められています。なかでも好きなのが「あどけない君のしぐさ」という短い曲。日常のありふれた風景をたんたんと歌った不思議な魅力に溢れた曲で最初に聴いた時から気に入っています。これは録音も良くてチェックにも使ってきました。...

... 続きを読む

私も陽水、大好きです! * by ハルコウ
こんにちは。早速参りました。
私も井上陽水の大ファンで、「断絶」「センチメンタル」「氷の世界」は、LP複数枚とCDを宝物のように大事にしています♪ ついでに、発売停止アルバムである「陽水生誕」も……。

高校生の頃は、ギターを一生懸命練習して、これらのアルバムに含まれている曲は、ほとんど弾き語りできるようになりましたよ。先輩と「東へ西へ」を熱唱していたのは、懐かしい思い出です。

しかし、「センチメンタル」をオーディオ・チェック用に使われているなんて、目からウロコです。

NO TITLE * by 天ぬき
ハルコウさま、拙ブログにお越し頂きありがとうございます。
ハルコウさまのような立派なブログではありませんが、今後ともお付き合いいただければ幸いです。

私が陽水に興味を持ったのは1981年だったか82年だったか、NHKホールでのコンサートをNHKーFMでの生放送を聴いてからでした。そのときの放送は今もCDーRに焼いて聴いています。
ハルコウさんはギターをなさるんですね。私は何も出来ません。ただ聴くだけの素人ですが宜しくお願いします。   コメント、ありがとうございました。

サン・コロンブ 「二つのヴィオールの為のコンセール」から

サン・コロンブ 「二つのヴィオールの為のコンセール」から

サント・コロンブという作曲家のCDで持っているのはこれ一枚で詳しいことはわかりません。これ輸入盤なので解説を辞書を片手に、そんな気力も語学力もとっくに失せてますから致し方なしです(^^ゞ有名なマラン・マレの師のようですがその師のマレも殆ど知らないのですから。。。(^^)/そんなCDをなんで買ったのかというと、音です!! 故長岡鉄男氏が優秀録音盤として推奨していたので購入した訳です。オーディオに凝って...

... 続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。