FC2ブログ

明日は晴れかな曇りかな

「蓼食う虫も好き好き」  There is no accounting for tastes

TOP > 管弦楽曲

交響組曲「シェラザード」

交響組曲「シェラザード」

先日「展覧会の絵」をアップした時にいつもお世話になっているハルコウさんからのコメントで「展覧会の絵」や「シェラザード」が苦手だというコメントをいただきました。ちょっと意外な気もしたのですが私も「シェラザード」はず~っと聴いていないことに気づきました。苦手というよりは若い時にさんざん聴いてしまって食傷気味というか、吉田秀和氏流にいうと今後もう聴けなくても困ることもない音楽になっていたのかもしれません...

... 続きを読む

No title * by バルビ
こんばんは。

シェエラザードは好きです。ロストロポーヴィチとコンドラシンのLPは私も所有していて、たまに聴きます。この曲のテーマはどれも非常に魅力的です。

こういう曲は実演で聴くと、またおもしろさが倍になります。

我が群馬の片田舎にも、かつてメータ+イスラエルフィル、ヤンソンス+レニングラードフィルが来て、演奏してくれました。2度とも聴くことができました。だいぶ前のことですが。

いずれも豪華な演奏だったと記憶しています。

シェエラザード姫 * by narkejp
シャリアール王とシェエラザード姫の物語を、放送録画した映画で、ずいぶん楽しみました。なかなかおもしろかったです。音楽の方も、通勤の音楽や山響の演奏会などで、よく聴いております。こういう音楽は、あまり難しいことを考えずに、楽しんで聴くのがよろしいかと思います(^o^)/
バーンスタイン盤、往時をしのび、白紙のジャケットに手書きでというお気持ち、よくわかります(^o^)/

No title * by 天ぬき
バルビさん、おはようございます

ちょいとばかりへそ曲がりなものの書き方ですいません
こういう曲はライブで聴きたいですね。
いつも思うのですが群馬とは音楽環境のよい処ですね
私の住む千葉県の田舎では考えられません(;´_`;)

コメント、ありがとうございました

No title * by 天ぬき
narkejpさん、おはようございます

お粗末なものをお見せしてしまいました(^^ゞ
おっしゃる通りこういう曲は理屈抜きで、そしていい音で楽しみたいですね。懐かしさもあって古いLPを引っ張りだしてしまいました。
いつもながらTBにコメント、ありがとうございました

No title * by ハルコウ
この曲が苦手なハルコウです。お恥ずかしい(汗)
でも、ゲルギエフ指揮キーロフ歌劇場管弦楽団の演奏は、スゴイですよ。拙記事にも書きましたとおり、「シェヘラザード」は、もうこれ一枚でいいんじゃないかと思っているんです。「バグダッドの祭り。海。船は青銅の騎士のある岩で難破。終曲」がすごい迫力!

それにしても味のあるLPジャケットですね♪

No title * by 天ぬき
ハルコウさん、おはようございます

記事は拝見いたしました。苦手とおっしゃっていたのに沢山のCDをお持ちなので口あんぐり、でした。

ゲルギエフの演奏は面白そうすね。お安くなったら買ってみたいと思います(^u^)

我ながら実に味のあるジャケットです~(爆

スッペ 序曲「詩人と農夫」

スッペ 序曲「詩人と農夫」

今日は軽い曲、スッペです。スッペというと「軽騎兵」、やはり最初に聴いたのは「軽騎兵」でした。中学時代に友人からドーナツ盤を借りて聴いた記憶があります。VOX盤だったかな?当然ですが演奏者のことなどは記憶にありません。クラッシック初心者は必ず聴く曲、分かりやすい曲ですが私はあまり好きにはなれず、それ以降はほとんど関心のない作曲家で、むしろエノケンの歌で聴いた「恋いは優しき野辺の花よ」や「ベアトリ姉ちゃ...

... 続きを読む

冒頭がチェロ。そうでしたね・・・ * by crest
スッペといえば軽騎兵。そして詩人と農夫。
冒頭がチェロ・・・う~ん、そうでしたね。 後しばらくゆっくりした
音楽じゃなかったですか。
SP盤を裏返すと早いテンポの音楽になった・・・・そんな記憶が
ありますが。
メロディは最初のゆっくりした部分だけおぼろげに思い出せる程度
ですね。でも懐かしいです。

NO TITLE * by 天ぬき
crestさん、こんにちは

>SP盤を裏返すと早いテンポの音楽になった・・・・

そうですね、時間的にそうかもしれません
ゆっくりした音楽は4分ほどですから。

SPでクラッシックを聴いたことはないのです
もっぱら美空ひばりとか春日八郎でした

昔、楽しませてもらった音楽を聴くのもいいものでした(^^

NO TITLE * by バルビ
こんばんは。

スッペ序曲集は、ショルティ+ウィーンpoのLPがありました。この演奏は、豪快というか強引というか、最後のたたみかけなんかは、もの凄いです。

強引すぎていやな人もいるかも知れません。時々聴くには、胸がすかっとして、佳いです。


前記事、プラハ。
2,3日前に、ヨッフム+バンベルクSOのCDを買いました。安く出ていたので。これは素晴らしいです。気に入りました。一番のお気に入りになりそうな感じです。

NO TITLE * by 天ぬき
バルビさん、おはようございます

この曲は元々が景気のいいい曲
ショルティが振ったら、さぞかしでしょうね

ヨッフムのものは以前から気にしていました
安く出ているなら買いですね
情報、ありがとうございました

NO TITLE * by ハルコウ
カラヤン/ベルリン・フィルのスッペ序曲集は、私の大切な愛聴盤でした。と言っても、スッペは「軽騎兵」と「詩人と農夫」しか聴きませんでしたけれど。めちゃくちゃ巧い演奏なので、一聴されることをお薦めします♪
CDではロッシーニ序曲集とのカップリングになってしまいましたが、このロッシーニがほれぼれとするような演奏なんですよね。特に「ウィリアム・テル」!

NO TITLE * by 天ぬき
ハルコウさん
こちらにもコメントを頂きありがとうございます

定番中の定番を聴いていないのです
ナマクラ愛好家というのが知れてしまいますね(^^ゞ

ロッシーニは「前奏曲」などが入ったCDのを聴いてます
颯爽としていた堂々たる演奏、それと同じ演奏でしょうか?

http://cocco904.blog46.fc2.com/blog-entry-198.html#comment-top

NO TITLE * by ハルコウ
こんにちは。

リンクしていただいたものはLPで所有していますが、CDで愛聴しているのはこれです♪

http://blogs.yahoo.co.jp/pocg1005jp/7501074.html

ロッシーニは1971年、スッペは1969年の録音です。

NO TITLE * by 天ぬき
ハルコウさん、こんにちは

ジャケット写真には記憶があります
その当時はスッペやロッシーニに興味が余りなかったようです(^^ゞ

録音年代からしてこちらの方が若々しい演奏と想像いたします
スッペとロッシーニのカップル、欲しくなりました(^^

リスト 交響詩 「前奏曲」

リスト 交響詩 「前奏曲」

クラッシック音楽を聴き始めた頃によく聴いていたのがリスト。聴いていたと言ってもまだ中学の時代ですから沢山の曲を聴いたのではなくて「ハンガリー狂詩曲」の2番と6番、それに今日取り上げた「前奏曲」でした。この「前奏曲」の解説には必ず書かれているフランスの詩人であるA・ラマルティーヌの「詩的瞑想緑」からの一節である「人生とは死への前奏曲である」、この言葉がいたく心に響いたことや、その音楽が波瀾万丈な人生...

... 続きを読む

NO TITLE * by バルビ
こんばんは。

リストでは、私もクラシックを聴きたての頃、ハンガリー狂詩曲の第2番はカッコ良くてよく聴いた覚えがあります。

次にピアノ協奏曲、超絶技巧練習曲、パガニーニよる練習曲、ベートーヴェンの交響曲編曲などでしたね。

高校生の時、音楽の先生がとてもピアノが上手な人で、授業でリスト編曲のベートーヴェン第5交響曲の第1楽章を弾いてくれたのを覚えています。凄いな~と、その時は感動しました。

リストの交響詩はあまり聴きませんが、たまに私はショルティ盤で、この前奏曲などを聴きますね。

カラヤンだったら、やっぱり豪華絢爛といいましょうか。綺麗なんでしょうね。

NO TITLE * by 天ぬき
バルビさん、おはようございます

いつもお世話になります

リストといえばパガニーニによる練習曲は忘れられないですね
私はワッツの演奏をエアチェックして何度も聴きました
人間の指ってこんなにも動くものかとビックリしたものでした

正直いってリストを聴くことはなくなりましたが
たまにはいいものでもありました。

オケの人は「ラプレ」と呼ぶらしい * by 木曽のあばら屋
こんにちは。
ラ・プレリュード、いい曲ですね。
カラヤンの振るこの曲、LPで持ってました。
どんな演奏だったっけ・・・(よく憶えていません)。

さきごろ読んで大変感動した小説
藤谷治「船に乗れ!」にも
リスト「ラ・プレリュード」が登場しました。
たいへん辛い場面で使われていたのですが・・・。

NO TITLE * by 天ぬき
木曽のあばら屋さん、こんにちは

ラプレですか、初めて聞きました(^^ゞ

カラヤンが何回この曲を録音したかは知りませんが
これは多分最後のものです。
本文にも書きましたが少し控えめな表現でした

読書に関しては何を語る資格のない人間です
「船に乗れ!」ですか
図書館で探してみます

リスト ハンガリー狂詩曲第2番嬰ハ短調

リスト ハンガリー狂詩曲第2番嬰ハ短調

ヴァン・クライヴァーンコンウクールで辻井伸行氏が優勝したのは記憶に新しいのですが、そのニュースだったか特別番組で耳にしたのがハンガリー狂詩曲第2番でした。この曲、好きなんです。オリジナルはピアノの独奏曲ですが私はオーケスラ版のほうが好きなんです、皆さんはどちらでしょうか?クラッシックを聴き始めた頃に演奏者など訳もわからずに曲名だけを見てLPを購入していた時期がありました。フランク・プルセルと彼の楽団...

... 続きを読む

レハール ワルツ「金と銀」

レハール ワルツ「金と銀」

最近は歳のせいか重い曲をあまり聴かなくなってしまいました。と同時にクラッシックを聴き始めたころに沢山聴いた小曲、いわゆる通俗名曲というものを聴きことが多くなっています。なんか心が安まるんですよね~そんな訳で今日はレハールのワルツ「金と銀」です。この曲の楽譜が出版されたのは1931年だそうで20世紀の曲なんですね。もっと前、19世紀の曲だと思っていました。レハールのワルツ、メリーウィドゥもそうですが...

... 続きを読む

NO TITLE * by リベラ33
こんにちは。私はウインナ・ワルツを好んで聴くわけではないのですが、この作品は大好きです。仰る通り品があって、それでどこか切ないロマンが感じられていい曲ですね。私はレハールによる自作自演を愛聴しております。

NO TITLE * by 天ぬき
リベラ33さま、いつぞやはありがとうございました。

さて、実は33さまのブログを拝見して、そいうえば自分も同じだな~
そう思って「金と銀」をエントリーすることにしました。
ネタ元を明記すべきだったのですが横着してしまいました
お詫びいたします。

>それでどこか切ないロマンが感じられていい曲ですね

全くその通りですね、そこが一番好きなところです

自作自演盤があるとは知りませんでした
情報、そしてコメント ありがとうございました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。