FC2ブログ

明日は晴れかな曇りかな

「蓼食う虫も好き好き」  There is no accounting for tastes

TOP > 声楽曲

ディ・ステファノの「ナポリ民謡集」

ディ・ステファノの「ナポリ民謡集」

LPが聴けるようになりました。あれこれといじっているのでまだ未調整の部分はあるのですが音は出ます(^^きれいさっぱりLPを聴くことを諦めたつもりだったのですが、人の心はどこかで変わってしまうものです。さて、せっかくLPが聴けるようになったので乏しいLPから選んでみました。ラックに残っているのは主に若い時に買った古いものばかりでモノラル録音のものが大半を占めています。そんな中から鬱陶しい梅雨空を吹き飛ばすよう...

... 続きを読む

No title * by バルビ
アナログ記事、写真もあわせてこうして読ませてもらうと、思わずうれしくなりますね。私も、あなろぐのソフトの方がCDよりも数倍ありますのでね。

ステファノのマネをしたんですか。それは凄い。! 私は彼の歌唱は好きでした。NHKにもよく登場しましたね。

明日は本来なら、わが群響定期があり、小泉和裕さんの指揮でブルックナーの4番を聴く予定でしたが、近しい者に不幸があり、いけなくなりました。こんな時は、家でこの曲をかけ、鎮魂曲としたいと思います。(ならないか)


懐かしや、赤く透明なLP盤! * by さすらい人
我が家に残った50枚ほどのLPの中では、唯一フルトヴェングラーの『バイロイトの第9』と『運命』のカップリングだけが、この盤です。
赤の透明盤だと埃の付着が目立たず、聴く前後に神経質にクリーナーをかける必要がなかったので、面倒くさがり屋の私にはぴったりのものだったのですが…。いつの間にやら消えてしまいましたね!

おお、アナログ・プレーヤー! * by -
しばらくご無沙汰していましたが・・・・・おお、アナログ登場
ですか!
トーン・アームが多いですね。ロングタイプを見ると、処分して
しまったSMEを思い出してしまいます。あれは今のプレーヤーに
合わなくても残しておくべきでした(\〆/)。
カートリッヂは健在ですか。アナログ復活でかなり新品が出回って
いますね。
ナガオカは交換針のイメージでしたが、かなりの高級カートリッジが
出ました。
それにケーブル。音の変化に驚いています。また楽しみですね。


No title * by 天ぬき
バルビさん、おはようございます♪

LPの大半は手放してしまったのですが古いものは残しておきました。懐かしさもあってLPも取り上げていこうと思っています。

人の死は避けられないものですが、いざ直面すると辛いですね。お悔やみ申し上げます

No title * by 天ぬき
さすらい人さん、おはようございます

LPの頃は東芝のレコードをよく買っていました。手元にも何枚かこの赤い盤が残っています。何故か、この赤い盤には良い印象が残っていません。盤友の意見も同じでした。でも「悪名高かった・・・」は不用意でした(__)

No title * by 天ぬき
crestさん、おはようございます

一瞬何方かと思いました(^^)

アームは友人からもらったものです
アームボードを作っていないので使えません^_^;

SMEのアームは惜しかったですね
私はヤフオク無縁の人間ですが
結構な値段がついているようです

ケーブルに関しては・・・・
ケーブル地獄に落ちないように目を瞑っています(苦笑

ディ・ステファノの「ナポリ民謡集」 * by Loree
過去記事に失礼します♪
素敵なジャケット!当時のLPは値段も高かったのでしょうけど、このジャケットだったら1枚1枚を大切に聴く気持ちになりますね(…と、最近CDを大切に聴かない自分の行動をジャケットのせいにしてみる…)。

音楽には、それを聴いていた時代を思い出させる力があると思います。ぼくの場合、小学生時代を思い出すのは、父が聴いていたモーツァルトのピアノ協奏曲第17番です。ディ・ステファノのナポリ民謡集を聴いたのは、実は、社会人になってからでした(汗)

なんだか心が温かくなる記事。ご紹介ありがとうございました♪

Loreeさん * by 天ぬき
廃墟となった拙ブログにようこそ

最近のCDは価格が下落して、すっかり有り難みが薄れてしまいました。安いから買うだけ買っておいて、ミチョランマ!
初心に戻って厳選したものをじっくり聴くことが大事だと思っているところです。

このところ風呂場では小林旭が幅をきかせています
「ダンチョネ節」「グングン節」・・・・(^^ゞ

グルベローヴァ オペラ・アリア集

グルベローヴァ オペラ・アリア集

グルベローヴァの名前を聞いたのは1980年にウィーン国立歌劇場の日本公演に於ける「ナクソス島のアリアドネ」でツェルビネッタを歌って賞賛の嵐を浴びたことが最初だったと記憶しています。確か新聞紙上かFM番組でも吉田秀和氏が絶賛していたような記憶があります。当時、声楽にはあまり興味が無かった私ですが、そんなことが頭にあったので後年買ったのがこのCDでした。曲目は下記のように全5曲、時間にして45分くらい...

... 続きを読む

こんばんは * by rudolf2006
天ぬきさま こんばんは

ブログはいつも拝見しています、ワンちゃんのブログも~
いつもカワイイですよね~。

このCDは持っていないのですが、
モツアルトのアリア集などが入っているテルデック盤は持っています。
ショルティ盤の「アリアドネ」のツェルビネッタは、グルベローヴァさんが歌っておられます。
それで買ったようなものですが~。今、それを聴きながら、コメントしています。
ベーム盤のDVDでも、グルベローヴァさんのツェルビネッタを聴くことができるようですね

私は「アリアドネ」は前半のプロローグが好きで、作曲家のモノローグが大好きなんですが、
オペラに入ってからは、アリアドネのアリアも良いですが、ツェルビネッタのアリアが一番の聴き所かもしれませんね~。
こんな難しいアリアをシュトラウスが書いたのは、彼がこのアリアを書いた歌手がいるんだろうと思うのですが~。

グルベローヴァさんのツェルビネッタは、凄いですよね~
ミ(`w´彡)

NO TITLE * by 天ぬき
rudolf2006さま、おはようございます。

恥ずかしながら「ナクソス島のアリアドネ」、全曲を聴いたことがありません^_^;
ただただ、グロベローヴァ聴きたさにこのCDを買いました。

しかし、凄いものです
聴いている、こちらが力が入ってしまう程です。

コメント、ありがとうございました。

NO TITLE * by yokochan
こんばんは。
ご無沙汰しちゃってます。
この1枚懐かしいです。

まだその凄さがそんなに知られてない頃のグルベローヴァですね。
すごさが鼻に付く手前に微妙にとどまっている彼女の歌唱は、完璧です。
私には、あとガルデッリの指揮も嬉しい1枚でした。

NO TITLE * by 天ぬき
yokochanさま、こんにちは

グルヴェローバってソプラノの超人ですね
歌手にことをあまり知らない私ですが
「夜の女王」を歌ったドイテコムに次いでビックリしたソプラノでした

まあ、よくあんな声が出るもんだと感嘆するだけです

コメント、ありがとうございました

スキーパ愛唱歌集

スキーパ愛唱歌集

また古いものになってしまいました。このLPはなぜ買ったのか覚えていないのですがきっと古いオリジナル・ジャケットに惹かれてだったと思います。エルマンやコルトー、ガリ・クルチ等も同じシリーズで購入しています。スキーパという歌手で持っているのはこれ一枚だけなのですが親しみやすい選曲とその甘い美声の魅力もあってお気に入りの一枚、CDにしてクルマでも聴いています。カンツォーネ、アルゼンチンタンゴの名曲が合わ...

... 続きを読む

フェルチョ・タリアヴィーニ/ベル・カントの神髄

フェルチョ・タリアヴィーニ/ベル・カントの神髄

歌ものは頻繁に聴く訳でもないし、沢山の歌手を聴いているわけでもないので偉そうなことは言えないのですが好きな歌手、男声歌手を聞かれたら次の3人をあげることになります。マリオ・デル・モナコ、ルチアーノ・パヴァロッティ、そしてフェルッチョ・タリアヴィーニです。今日はなかでも大好き、甘い歌声のタリアヴィーニのCDを聴いてみました。このCDは「レコード芸術」、つまり音楽之友社から発売されたものです。当時タリアヴ...

... 続きを読む

NO TITLE * by yokochan
こんばんは。
タリアヴィーニはいいですね。
あまり音源はありませんが、ナポリ民謡を歌った1枚がありまして、少し前から下書きをして準備中でした。
近々アップする予定です。
それにしても、こちらの1枚は垂涎ものですよ!!!

隠れたる名テナー、いまこそ復刻されるべき歌手ですね。
もうひとりのフランコ(でしたっけ?)タリアヴィーニも含めて。

NO TITLE * by 天ぬき
yokochanさま、コメントありがとうございました。

タリアヴィーニの音源がとにかく欲しい時期がありました
LPは入手できませんでしたがCDではこの他に
RCAの6枚組と日本で録音されたものを持っています

よろしかったらコピーしてお送りいたしましょうか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。