スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイドン 交響曲第104番ニ長調「ロンドン」

最近のCDの安さには驚きます。なんでこんなに安くできるのか?
ありがたいことですが、以前に買ったCDの価格を考えると嬉しくもあり、恨めしくもあります
さてそんなSONYの激安ボックスの中から購入したものの一つがセルのハイドンです。R0014613.jpg

セルのハイドンは以前にも取り上げたのですが、今回も凄く良かったので再登場です。

交響曲第104番「ロンドン」は数多いハイドンの交響曲の中でも最高傑作といわれる名作です
この曲をセルがどう料理しているか聴いてみました
最初にいってしまうとこれは素晴らしいハイドンです
どう素晴らしいかというのは聴いてもうらうほかないのですが、一応貧弱な文章にするとこうなります
とにかく一点の曇りもない響きと曖昧さなどを微塵も感じさせないフレージングが気持ちよい、一種の快感を感じます。
それがこの曲の古典美を際立たせているようであり、そこから自然と歌が沸き上がってくるようなところ、セルの真骨頂ではないでしょうか。
意識して歌わせているのではなくて、自然と歌になっているというところがセルなのです。
全4楽章すべていいのですが後半の二つの楽章、特に第3楽章のメヌエットがそういうことを感じさせてくれる最高の出来かと思いました。
このボックスは4枚組で1500円くらいで今では激安ではないかもしれませんが買って決して損はしない、いや是非聴いて欲しいボックスと思いました

1954年録音のモノラルです。セルのCBS録音とういといいものが少ないです。たいていは硬くて響きが薄くてレンジも狭い、まあそういうのが殆どです。これはおまけにモノラルということで全く期待していなかったのですが思っていたよりはイイ音でした。
推測ですがリマスターにおいてプレゼンスを付加したか、または全く反対にオリジナルテープに忠実にしたか?どちらにしてもいままで聴いていたセルのものよりは中低域が豊かでホールエコーもあって聴きやすい音です。第3楽章のメヌエットでティンパニーがクレッシェンドしてくるところなどの奥行き感などはモノラルであることを忘れさせるほどの音でした。

ジョージ・セル指揮
クリーブランド管弦楽団
スポンサーサイト

チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番変ロ短調作品23

チャイコフスキーのピアノ協奏曲、久しく聴いていなかったです
クラッシックを聴き始めたころはクライヴァーンのLPを夢中になって聴いてましたが
なんだかもうこの曲を夢中になって聴く歳は過ぎ去ったような
ところが最近オークションでゲットしたLPの中にこんなのが混ざっていました

R0013429.jpg

リヒテルのピアノ、バックがムラヴィンスキーのものです
この演奏の存在は知っていましたが聴いたことはなかったものです
古い録音、おまけに疑似ステレオというハンデにもかかわらずに聴きました

この曲はご承知のように第1楽章が異常に長いというか大きくて頭でっかちの構成
その第1楽章を悠然と大河の如く演奏するのも悪くないですが。。。
この演奏は主導権をムラヴィンスキーがとっているのでしょうか?
フレージングのせいか小気味よいテンポ聞こえます。


ムラヴィンスキーはいつも通り快刀乱麻の如し
リヒテルのピアノが負けじと豪快についていくところが爽快
2楽章もテンポは速め、音楽が盛り上がるにつれ、ピアノも白熱
ただ白熱するでけではなく、ふと詩を感じさせるところが何ともいえないところ
この楽章はややもすると退屈なのですが、そんなことを感じさせない豊かな膨らみのようなものを感じました。
3楽章もリヒテルは奔放に弾いているが、ここでも豪快一本槍ではなくて歌を感じさせてくれる。そして最後はムラヴィンスキーとともゴール目指してまっしぐらといった感じで最高のフィナーレ
熱い熱気というよりも冷たい緊張感と詩情が漂うようなチャイコフスキーでした。
もっと爆演系のものかと思っていたのですが予想に反してゆとりと詩情を感じさせるひと味違ったもので掘り出し物でした
これでもう少し音が良かったらな、そこがチト残念でした

スヴィヤトスラフ・リヒテル(ピアノ)
エフゲニー・ムラヴィンスキー指揮
レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団

ブラームス 交響曲第3番ヘ長調作品90

最近はLPを聴くことが多くなりました。もちろんメインはCDなのですが、お借りしたものやオークションで入手したもの、暫く聴いていないポップスものを中心に聴いています。
基本的にはLPは面倒なので好まないのですが、聴いているうちに一つのことに気がつきました。それは演奏時間です。CDの場合はセットすると1時間以上なのですが、LPの場合は片面で約20分。両面聴いても40分、途中で面返しでワンクッション入る、これがまた今の自分にはいいのです。
もちろんCDは選曲が簡単だし途中でストップも自由なのですが、LPを片面でもとおして聴いた方がなんとなく聴いたという感じがするのです。こんなことを思うのはナマクラ愛好家の私くらいかもしれませんが、とにかくそういうこともあってLPを取り出すことが多くなったことは事実です
今回はブラームスの3番を。演奏はカラヤン指揮、ウィーンフィルとのもので1961年頃の録音のようです。
R0014575.jpg

後年のベルリン・フィルと一心同体となって彫琢の限りを尽くしたマッシブで輝かしいブラームスとは違います、当たり前ですが。
うまくいえないのですが、、、カラヤンとウィーンフィルの間にスペースのようなものがあって、そこにはお互いに踏みこまないようなモノを感じました。良くも悪くもオケとカラヤンとが一体になったというものとは違うかなという感じです
じゃあ、つまらいブラームスかというとそうではなくてこれがなかなかいいのです。

熱気あふれたというのとは違ったユッタリとしたものがあって、息もつかせぬではなくて一息いれられるユトリのよおうなものを感じるのです?快速で一糸乱れずではなくてウィーンフィルの美音によるブラームスの音楽に部屋が覆われていくような感じで推進力よりも広がりのようなものを感じさせてくれます。こういう目元が優しいような3番もいいものだと思わせるものなのです。
特に2,3楽章などはウィーンフィルの美質がこの曲の歌謡性とマッチした美しいものでした

録音はもう50年くらい前のものですが、録音機材が真空管であろうということを想像させるような音です
レンジは広いとはいえませんが全体的に厚手で柔らかな音質で聴き疲れのしない耳に優しい音です。
各楽器の分離もよくて奥行きや広がりも十分でスピーカーの間が音で満たされす
ただ弦楽器の繊細感や分離がイマイチなこと。やや一色に塗りつぶされる嫌いがあります
そこがちょっと残念なところでした


ご挨拶

今年の暑さには参りました
暑さにかまけてすっかりサボリ癖がついてしまいました
音楽を聴く意欲も以前より減退いたしました
そんな訳でこのブログは当分の間休むことにします
多分再開することはないと思いますが当分の間は閉鎖はしないでおくことにします

尚ヤフーのブログは継続しており、簡単な音楽記事も載せていますのでご訪問頂けたら幸いでございます

http://blogs.yahoo.co.jp/grand361k612

短い間でしたがご訪問頂いた方、コメントをくださった方には深くお礼を申し上げます
本当にありがとうございました



まことに勝手ながら・・・

先日テレビを見ていたらあるパン屋さんが紹介されていました。夫婦でやっている小さなお店なのですが休む時の看板に笑ってしまいました

「まことに勝手ながら二日酔いになので休みます」
「まことに勝手ながらつまらないので休みます」

きっと他のもあるのでしょうけれど思わずニヤッとしてしまいました

このところクラッシック音楽への意欲が低下しています
聴くには聴いているのですが半ば居眠りしながらなので、とても記事にはなりません。
代わりに聴いているのがラテン、タンゴ、シャンソン類
若い時に聴いていたのを聞き返している日々が続いています

そんな訳で

まことに勝手ながら書けないので、もう暫く休みます(^^ゞ

ka_20100827162201.jpg




プロフィール

pigumoncocco

Author:pigumoncocco
月に数回ですが更新しようと再開しました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。